叱っても解決しないのは、ダイエットが続かないことに似ている♪

叱らずに寄り添う

自分を変えるのだって大変よ

ダイエットは明日から♫

そんなCMがあったことを思い出します。

人間は自分ですら、変えるのは大変。

 

 

そんな簡単に自分を変えられるのなら、世話ないよね。

だから、なかなか痩せられないの。

 

 

ついつい食べ過ぎちゃう。

毎日運動するって決めたのに!

 

 

覚えておいてね。

人間って、自分のことですら変えるのは大変なのですよ。

 

 

結果にコミット♪

一方で、ライザップってすごいよね。

 

 

ライザップってウエイトトレーニングと低炭水化物ダイエットらしい。

そんなに、珍しいことをしていないのね。

 

 

んじゃ、なぜ痩せられるか。

それは、ちゃんと伴走してくれるから。

結果にコミットしちゃう理由はシンプルで。

 

インストラクターさんが一緒にやってくれるわけ。

 

 

大人は横着ですわ♪

んでね、たとえば勉強をしない子がいるでしょ?

たとえばスマホばかり触ってる子がいるでしょ?

たとえば忘れ物ばかりしてる子がいるでしょ?

 

 

その子たちを叱ってなんとしようとする大人がいるんだな。

 

でもね、それはうまくいかない。

なんとなく叱っていれば「親としての役割」を果たした気分になる。

 

そう!

気分にはなるの。

でも、それって自己満足じゃん!

 

 

あのね、太った人に、「おい!デブ!やせろ!」って言ってるようなものなのさ。

それで痩せると思う?

 

あとね、くどくどと説明するのもよくない。

それさ、太った人に、「いかに健康が大切かを語る」のと一緒ね。

 

 

そんなのわかってるんだって。

わかってるけど、やめられないんだよ。

やれないんだよ。

 

 

だから、苦しんでるの。

 

 

関係性を整えて、ただただ寄り添う

まずは関係性。

ライザップもさ、インストラクターとの関係って大事だと思うの。

相性っていうの?

 

 

関係性を整えていく。

これは一番大事!

叱れば叱るほど、関係性は壊れていくからね。

 

 

あと、インストラクターの腹筋は割れてなきゃ説得力ないじゃん?

子どもを叱るってのはさ、自分のハードルを上げるんだよね。

結構、子どもに要求していることって、大人が実践するにはハードルが高かったりするんだよね。

 

 

寄り添おう。

一緒に向き合おう。

そういう在り方で子どもとの関係を整えていこうよ。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

寄り添って、一緒に取り組むのがいいよね。

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。