ママのスマホになりたい

子どもとスマホ、どっちが大事?

ママのスマホになりたい

「お母さん、スマホをやめて」と

子どもが言う。

 

 

「今、忙しいの」と

ママは言う。

 

 

「どうしても連絡を取らなきゃいけないから」と

ママは言う。

 

 

僕はそれを悲しく思う。

それで仕事の手を止めて、

子どもに寄り添ってみる。

 

 

でも、本当に求めているのは僕じゃないのになって思う。

子どもにとって、母親はやはり特別だ。

 

 

メッセージアプリは緊急案件には向かない

ネットは電話と違い、

タイムロスがない。

相手の時間を奪う必要がない。

 

 

必要なタイミングで送り、

必要なタイミングで読む。

 

 

発信者と受信者が、

双方の意思で時間をコントロールできる。

 

 

だから、本来スマホなんて

「今じゃなきゃいけない」案件などない。

 

 

本当に1分1秒を争っているのか。

よくよく自分に問いかけてみよう。

 

 

 

一方、

「お母さん、スマホをやめて」と

子どもが言うとき。

 

 

それは1分1秒を争っている。

 

 

子どもは今、

あなたに問いかけているのだ。

 

 

目の前にいるワタシが大事なの?

それともスマホの向こうの「だれか」が大事なの?

 

 

悲しみはずっと心の中で生き続ける

ある方から、こんな話を伺った。

昔々、それはまだ自分が幼かった頃の話だ。

 

 

祖父母の家に連れて行かれた私はテレビを見ていた。

両親は私に気づかれまいと、そっと家を出た。

 

 

ほんの短時間の買い物だった。

気づけば泣くだろうと思い、そっと置いていったのだそうだ。

 

 

だが、彼女は悲しかった。

大人になった今も、その寂しさを忘れないと言う。

 

 

両親は、子供を泣かせまいと思い、そっと部屋を出た。

それは愛の一つの形。

 

 

彼女は置いてきぼりにされたと思った。

それもまた、愛の一つの形。

 

 

目の前の子どもは今、

何を感じているだろう?

 

 

子どもに心を向けてみる

子どもがお母さんに話しかける。

お母さんは聞こえないふりをする。

もしくはイライラしてみせる。

 

 

それが何より悲しい。

 

 

 

目の前にいるワタシが大事なの?

それともスマホの向こうの「だれか」が大事なの?

 

 

目の前にいるワタシが大事なの?

それともスマホの向こうの「だれか」が大事なの?

 

 

何度でも問いかけよう。

 

 

難しい育児書なんていらない。

大切なものを大切にする。

ただ、それだけでいいのだよ。

 

 

子どもとつながる問いかけの魔法

 あなたが本当に大切にしたいことは何だろう?

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。