ゲームやスマホばかりしている子

子どもは子どもらしく

スタンフォード大学のアヴラム・ゴールドスタイン教授は、とても残酷な実験をしました。

お猿さんに注射針を刺します。

お猿さんがレバーを押すと、モルヒネが投与されます。

 

 

やがて、お猿さんは通常の行動をやめ、薬物に依存するようになります。

 

 

この症状はネズミなど、他の動物にも見られる現象でした。

檻に入れたネズミが、「モルヒネ入りの水」と「普通の水」の両方を飲めるようにします。

すると、ネズミは「モルヒネ入りの水」を選択するようになり、やがて死に至ります。

 

 

ですから、薬物には依存させる成分が含まれている。

そう信じられてきました。

おそらく、多くの人もまた、そう信じているはずです。

 

 

ところが、です。

この実験に疑問をもった人がいました。

 

 

サイモン・フレーザー大学の研究者ブルース・アレグサンダー博士です。

彼は、檻の中にネズミが一匹しかいないことに着目しました。

 

 

そこで、ラットパーク(ネズミの楽園)を作りました。

楽しいアクティビティーを用意し、たくさんの仲間をラットパークの中に放しました。

そして、そこにも同じように「モルヒネ入りの水」と「普通の水」の両方を飲めるようにしたのです。

 

 

 

 

すると、どうでしょう。

ネズミたちは「モルヒネ入りの水」を選ばなかったのです。

 

 

また、一匹で檻の中に閉じ込められた「依存症のネズミ」をラットパークに放したところ、そのネズミもまた「モルヒネ入りの水」を選ばなくなったのです。

 

 

僕ら人間は、大きな怪我をし入院すると、モルヒネを投与されます。

それは、街中で売られている「非合法な薬物」よりも純度の高いクスリです。

しかし、退院後「薬物中毒になった」という人に出会ったことはありません。

 

 

ベトナム戦争では全アメリカ兵の20%がヘロインを使用していたそうです。

しかし、そのうち95%を麻薬の使用をやめられたと言います。

 

 

 

アルコール依存というのがあります。

でも、アルコールを飲めば、必ず依存症になるかと言うと、そんなことはありません。

 

 

ギャンブル依存というのがあります。

でも、パチンコに行ったからといって、必ずしもギャンブル依存になるわけではありません。 

 

 

 

子どもたちもゲーム依存になったり、スマホ依存になったりしますね。

じゃあ、テレビゲームを持っている子が全員依存するのか。

スマホを持っている子が全員依存するのか。

 

 

そんなことはありません。

テレビゲームができないからイライラして当たり散らす。

スマホが触れなくて、気になって仕方がない。

それは決して、テレビゲームが悪いわけでも、スマホが悪いわけでもないわけです。

 

 

ところが、大人という生き物の浅はかです。

「取り上げればなんとかなる」と考えます。

 

 

ポルトガルという国があります。

国民の約1%がヘロイン中毒だったと言われる国です。

 

 

薬物を厳しく取り締まり、薬物依存する者を犯罪者として扱いました。

社会からどんどん隔離していったのです。

それでも、薬物依存は増加の一途を辿りました。

 

 

そこで、大きく舵を切ります。

なんと、薬物を解禁にします。

そして、薬物を禁止にするために充てていた予算と労力を、薬物依存症患者に社会復帰を促す事業を推進し、生きがいをつくることに使ったのです。

 

 

薬物依存症患者は、これまでのように犯罪者として扱われず、社会復帰しやすくなったのだそうです。

すると、薬物使用者は50%も激減したのです。

 

 

このお話は、大変示唆に富んでいます。

 

 

僕らが求めているものは「つながり」です。

人間は社会的存在であり、関わり合うことで存在できています。

 

 

他者との「つながり」がなくなれば、それは「この世に存在していないこと」と同義なのです。

 

 

そして、「人とのつながり」を感じられなくなると、人は「別の安らぎ」を求めるようになります。

社会と交わることをあきらめ、別の刺激で自分を満たすようになります。

 

 

スマホに依存する子。

ゲームに依存する子。

たくさん出会ってきました。

 

 

仕方がないのです。

他に関係性を構築できるものがないのです。

 

 

まずは、つながりをつくること。

禁止するのではなく、いっしょに楽しんでみることもいいでしょう。

 

 

彼は、彼女らは言います。

「他に楽しいことがない」と。

 

 

問題は、スマホやゲームじゃない。

「他に楽しいことがない」、こちらに注意を向けましょう。

 

 

幼児でも癇癪を起こす子どもがいますね。

スマホを見せろ、ゲームやらせろ、youtube見たい!って。

お母さんはお友だちとのお話に夢中になって、スマホを渡して知らんぷり。

 

 

子どもの「こっち見て行動」などお構いなしです。

スマホが育児をしてるんですね。

 

 

スマホを見ている間、テレビを見ている間、お母さんはフリーになる。

ラッキーだわ、と思う。

結局、子育てって手を抜いた分だけ、しっぺ返しに合うのです。

 

 

「スマホばかりやってます」

「ゲームばかりやってます」

って言って、学校にヘルプを求める。

 

 

「それを買い与えたのは誰だよ」といつも思いました。

 

 

人間は社会的な存在です。

つながりが人間を人間足らしめます。

そのことを忘れないで下さい。

 

 

魔法の質問

 どんなつながりを作りますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。