頭で考えない、心で感じてみる。

魔法の質問 ことはカード

同じもの、見えてる?

ここ数日、『魔法の質問』の新しいセッションカードである『ことはカード』を使って、お話を伺っています。

『漢字カード』や『イラストカード』のセッションは簡単でした。

それなのに、『ことはカード』は扱いがとても難しいのです。

 

 

それはなぜでしょうか。

 

 

実は2つのカードと『ことはカード』は別物です。

そのことに気がついてしまいました。

 

 

そもそも、セッションを受ける人(クライアント)とセッションする人(カードマスター)では見えているモノが違います。

この意味、伝わるでしょうか?

 

 

漢字カードは同じ漢字を見ています。

そこには、互いの共通理解があります。

「仲」なら「仲」。

「歩」なら「歩」。

多少の誤差はあるでしょうが、同じ「漢字」を見ながら、話をしています。

 

 

イラストカードも同じイラストを見ています。

「漢字」よりも、さらに「ヴィジュアル化」されているため、より扱いやすいカードになっていると思います。

 

 

僕は、この『魔法の質問イラストカード』を用いて、生徒との教育相談(二者面談)に活用していました。

ただ、カードを見せて話を聴くだけ。

それで、生徒がスラスラお話をしてくれるんですね。

 

 

とても好評で、隣のクラスの生徒が、「先生、私にもカードのヤツ、やってください」と言われるほどに。

教育相談(二者面談)が口コミで広まるという怪現象。

これは、なかなか良いツールだと感じました。

 

 

『魔法の質問ことはカード』の難しさの秘密

一方、『ことはカード』でセッションをやってみての感想。

これは、とても使い手が試されるカードです。

簡単ではありません。

 

 

 

『漢字カード』『イラストカード』とは、決定的に違う部分があります。

それは、「クライアントとカードマスターが同じモノを見ているわけではない」ということです。

 

 

相手が心に「描いていること」がわからないのです。

 

 

クライアントの見えているもの…というよりは感じていることをカードマスターが味わう必要がある。

寄り添う、と呼んでもいい。

 

 

だから、僕はクライアントが味わっているものに寄り添おうとします。

でも、完全に一致させることは難しいのです。

 

 

クライアントが感じているもの僕が感じているものが異なるとき、

「しつもん」に「意図」「誘導」を感じさせてしまうようです。

 

つまり、「コントロールされている」と感じさせるんですね。

 

 

「しつもん」している僕も、「しつもん」してから、「今のしつもんは余分だったぞ」と気づくわけです。

このカードはもうね、セッション用というよりは自分磨き用ですよ。

 

 

同じものは見えていない。

同じものは感じられていない。

この気づきは、人間関係においても、とても大切です。

 

 

そもそもこの『ことはカード』をツールとして使いこなせるころには、『ことはカード』は必要なくなっていると思います。

見えないものが感じられたら、人間関係を構築することなんて容易い。

これは自分を磨くツール。

僕はそんなふうに理解しています。

 

 

子どもとつながる問いかけの魔法

感じていることはそれぞれ。そんな前提で問いかけてみよう。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。