小さな一歩が踏み出せないあなたへ

好きで得意で無理なくできていることは何ですか?

比べたら、何もできないぜ!

僕が今やっていることなんて、すべて学校の先生のときに培った技術だ。

動画の編集。

イベントオーガナイザー。

文章を書く。

講座やワークショップの開催。

個人セッション。

 

すべて、学校の先生時代に経験してきたこと。

 

 「学校の先生に、ビジネスは無理」

そんなことを何度も言われた。

 

でも、それは「大嘘」だった。

「好きで得意で無理なくできること」が今、仕事になっている感じだ。

 

だけど、思う。

 

動画の編集。

プロと比べたら、敵うわけがない。

 

文章を書く。

もっとうまい人はいくらでもいる。

 

個人セッション。

なんか、守護霊とか見えちゃう人には絶対敵わない。

 

いや…、だって見えてるんでしょ?

敵うわけないよね、見えてるんだもん。

 

…って、他人と比べると、自分は「何もできない」ように感じてしまう。

 

そう。

比べることは、あなたから「小さな一歩」を奪うんだ。

だから、比べることを手放そう。

 

 

 

 

 

欠点にフォーカスしない。

あのね。

 

苦手なことってある。

欠点ってある。

そんなの、だれにだってあるよ。

 

これまでの時代は、それをなんとか平均的にしようとしてきた。

それが普通だった。

 

そうやって平均的な人、普通の人を育ててきたんだ。

でも、普通では仕事にならない時代がやってきている。

 

「好きで得意で無理なくできていること」 じゃないと仕事にならないんだ。

 

僕らは、どうしても欠点にフォーカスしてしまう。

他人と比べて自分はどうか。

足りないことばかりに目を向けてしまう。

 

でもね、その欠点を補っても、あなたは平均的になるだけだ。

平均的な人間は駒としては重宝する。

でも、それだけ。

 

 

「好きで得意で無理なくできていること」

 

だから、「好きで得意で無理なくできていること」にフォーカスしたい。

他人は関係ない。

 

自分がそれを好きか。

自分はそれが得意か。

自分はそれを無理なくできているか。

 

そんな視点で考えたい。

 

欠点は他者との比較から生まれる。

「好き」、「得意」、「無理なく」は自分の内側から生まれる。

 

もっと自分を見つめてみよう。

あなたはすでにもっている。

もう、もっているんだよ。

 

クリエイティブな人生を生きためのしつもん

あなたが「好きで得意で無理なくできていること」は何ですか?

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。