ドリームキラーに感謝してみるの♪

夢 反対される

「絶対やめたほうがいいって!

「そんなのよくないよ!」

 

隣の女子学生、2人がうるさい。

太鳳似の女の子がコンパニオンのバイトを始めたらしい。

で、黒沢さん似の女の子が身を乗り出して尋ねるのだ。

 

「だって、コンパニオンなんてダメよ。絶対ダメ!ねえ、いくらもらえるの?」

 

「時給だと◯◯円かな」

 

「え〜っ!そんなに!よくないよ、絶対よくない。そういうお金はよくないよ。来るの、おじさんばっかでしょ?」

 

「そんなことないよ。若い社長さんが多いかな」

 

「うそ!そういうのっておじさんばっかに決まってるじゃん!」

 

「いや…、みんないい人ばかりだし…」

 

「でも、触られたりするんでしょ?おじさんに触られたりするんでしょ?」

 

「いや、隣に座ってお酒飲んで、話を聞いてるだけだよ」

 

「やだ!そんなのよくないって。むしろキャバクラにしなよ」

 

「えっ?なんでキャバクラなの?」

 

「やだ!だってそんなのよくないじゃん。友達としてどうかと思うのね」

 

「もしよかったら、一緒にやってみる」

 

「え〜っ!ヤダよ、ヤダ。でも、あんたがどういう接客してるのかは興味あるかな」

 

「じゃあ、今度行く?」

 

「え〜っ!無理、無理。やりたいとかじゃないからね。興味があるだけ」

 

 

もう、笑いをこらえるのに、必死でした。

 

あなたが何かを始めようとする。

新しいことにチャレンジしようとする。

すると、関係が近い人間ほど、あなたの足を引っ張り出す。

 

これはもう、そういう風にできているの。

世の中は、そうやって設計されているわけさ。

 

 

「起業したい。

 自分の名前で世の中に打って出たい。」

そういうことを口にすると、一斉にアドバイスされる。

 

「そんなの無理だ」

 

「やめておけ」

 

「公務員辞めるなんてもったいない」

 

「ビジネス、知らないでしょ?」

 

ありがたいことよね。

心配してくれて、どうもありがとう。

 

だけど、そんな言葉に耳を傾ける必要などない。

 

何かを始めようとする。

それは、ちょっとドキドキする。

怖いよね、怖い!

 

でも、やりたいんでしょ?

だから、怖いんだよ。

やりたいから怖いんだ。

 

でもさ。

 

でもさ。

 

命は一つしかないわけね。

アンコールはないの。

「今」は「今」しかないわけさ。

 

「できるか、できないか」

そんなことは問題じゃない。

人生は「やるか、やらないか」

ただ、それだけ。

 

あなたの足を引っ張る声。

その声は、あなたを試してるわけさ?

 

神様からのお試し。

 

「お前、それ本気やりたいのか?

 やりたいなら、オイラ、応援するよ」

 

っていう神様からのメッセージ。

だから、そんな声は「ありがとう」って受け止めよう。

 

ハッピーな先生の夢を叶える教室

あなたの行動を妨げる存在に「ありがとう」

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。