ラビリンス(ラベンスバーガー社)

ラビリンス

先を見通す能力

ボードゲームって、確実に賢くなります。

我が家には、山ほどボードゲーム、カードゲームがあります。

 

 

そんな数多のゲームの中で、

僕のオススメのゲームを紹介しようと思います。

 

 

今日ご紹介するのは『ラビリンス』。

 

 

ドイツのラベンスバーガー社が誇る大ベストセラー。

もう30年以上も前の作品です。

 

 

で、このラビリンス

俯瞰して考える力が育ちます。

 

 

頭の中で未来を想像するんですね。

「駆け引き」よりも「イマジネーション」のゲームです。

 

 

「地図のカード」で盤面の地図を押し出して、

迷宮を変化させます。

 

 

自分が引いた「宝物カード」と同じ宝物までコマを移動させます。

すべての宝物が取れたら、スタート地点に戻ります。

 

 

最初にスタート地点に戻った人が勝者です。

ですから、最後はスタート地点に戻させないために、みんなが共闘し出すわけです。

 

 

ルールはシンプルです。

1プレイ20分〜30分でしょうか。

 

 

あと、幼稚園児と中学生が同じ土俵で戦えます。(笑)

案外、こういうゲームって少ないので、我が家のように、幼稚園児、小学生、中学生みたいな家族構成でも遊べるゲームです。

 

 

 

 

基本的に僕が考える良質なゲームは、

 

  • プレー時間が短い
  • 準備が簡単
  • ルールがシンプル

 

です。

 

 

仕事から帰ってきて、2時間も3時間もゲームする余裕はありません。

でもね、30分ぐらいなら晩酌しながらでも遊べます。

準備と片付けが簡単なのも同じ理由です。

 

 

あと、ルールがシンプルだと、兄弟でモメません(笑)

 

そんなわけで、『ラビリンス』が大ベストセラーなのもうなづけます。

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。