アメフトのニュースが気づかせてくれること

アメリカンフットボール

アフター過ぎファール

「○○、お前ボランチだから、中盤で相手での10番、潰すのが仕事だぞ」

「センターバックのところで、相手のポストプレーヤーに厳しくいって潰さないと、起点作られるからな」

 

 

そのぐらい、僕も言ってたなぁ…って思い出す。

「怪我させろ」って意味じゃなく、使うこともあるんだよなぁ。

ネットの空気は「潰す」ってのはイコール「怪我させる」みたいだけど。

 

 

 

んでさ、その言葉を聞いて、レフリーが笛を鳴らしたあと、思いっきり遅れてアフターで後ろからスライディングタックルしちゃったら、「おいっ!」ってなるよなぁ…。

 

 

若い頃は僕もプレーヤーだった。

試合中、カチンときて、削りにいくこともあるんだよなぁ。

わざとと言えばわざとだし、感情的になって…みたいなことね。

 

 

でも、もう少しうまくやるんだよね。

うまくやる?

ちょっとニュアンスが違うな。

 

 

流れの中でファールになっちゃう…みたいな感じね。

 

 

Jリーグとかでも、そんなプレーってあると思うの。

バチバチやりあってて、最後突き飛ばしてしてカードもらっちゃうみたいなシーンね。

 

 

なんか、あんなに遅れてファールに行くことが不思議なんだよなぁ。

 

 

野球でもホームベースでキャッチャーに体当たりすることがあったよね。

でもさ、キャッチャーがピッチャーにボールを返すときに、近くにいるバッターの顔面目がけてぶつけるとかはしないじゃん?

 

 

なんていうか、一連のプレーの中での反則とか報復とか、スポーツの世界ってあると思うのよ。

プロ野球でも報復でデッドボールして、審判が試合自体に警告を与えること、あるじゃん?

 

 

そりゃスポーツマンシップには外れるけれど、対人スポーツって、熱くなってやり過ぎちゃう的な部分ってあるのよ。

 

 

指導者としては、「ハートは熱く、頭は冷静に」って選手に伝えるんだけどね。

「エキサイトする」って感じ、どのプロスポーツ見てたってあるじゃん?

 

 

だから、僕は今回のアメフトの事件ってすごく違和感あるんだよね。

 

 

あれだけ遅れてファールに行く姿に。

流れが切れた後の出来事だよね。

すごく不思議なプレーだったなぁ。

 

 

 

「伝えたいこと」と「伝わること」は違う

全然話は変わるんだけど。

昔、こんなことがあったの。

 

 

授業の中でも2人組で話をするって場面があったのね。

1人がひたすら話し、1人はひたすら聞く。

そんなワークね。

 

 

僕は「相手の人が喜ぶように聞いてあげよう」って指示を出したの。

 

 

そしたらね、ひとりの生徒がずっとにらめっこのような顔で話を聞くの。

最初、ふざけてるのかな?と思ったんだけど、そうじゃなかったのね。

 

 

「喜ぶように」って言葉を聞いて、「相手が笑っている」イコール「喜んでいる」と認識していたのね、その子。

 

 

だから、真剣にその子は「にらめっこ」の顔をしていたの。

(あー、指示を間違えたな)って思ったよ。

 

 

その子は、人の表情から相手の気持ちを読み取ることが苦手な子だったのね。

だから、「喜んでいる状態」がまずわからないわけ。

 

 

それでも、相手が笑ってくれるときは、きっと「うれしい状態」だろうと認識したの。

 

 

この場合、「感じ取る」ってよりは「方程式に当てはめる」って感じね。

「泣いてる」イコール「悲しい」みたいな感じ。

結婚式でうれし泣きしている新婦を見て「あの人、そんなに結婚したくないのかー」って思う感じね。

 

 

で、一生懸命話している子に向かって、白目向いたり、舌を出したりしたの。

だから、僕は自分の言葉を変えたわけ。

 

「『あなたの話を聞いてるよ』ってことが相手に伝わるように、うなづいたり、声をかけたりしてみようね」と言い換えたの。

 

 

そしたら、その子、変わったよね。

決してふざけてるわけじゃないことを、クラスの子たちもわかっていたから、それでトラブルになることはなかったけどね。

 

 

伝えたいことを、相手に伝わるように伝えるのって、簡単ではないよね。

「潰せ」とは言ったけど、そういうこと意味じゃないのよ!ってのもあると思うんだよなぁ。

 

 

どちらが悪いか?

どんな指示があったか?

世間はやたら白黒つけたがる。

 

 

言った言わないって、必ず揉めるポイントだね。

 

 

言った言葉と伝わった言葉が異なるなんてことはよくあるのね。

監督さんをかばうわけでも、選手をかばうわけでもなくさ。

そういうことって、あるよなぁ…って思うわけ。

 

 

どちらかが嘘をついているって考えがちだけど、どちらも本当のことを言っていることだってあると思うの。

ただ、ニュアンスが違っていたり、言葉足らずだったり、理解が異なっていたり。

 

 

あるよな…、そういうこと。

 

 

どちらかが嘘をついているとは限らない

つまりさ、事実なんてよくわからないわけよ。

 

 

それはもう、大相撲の暴力しかり、芸能人や政治家の不倫問題しかり、アメフト反則問題しかり。

んで、それを白黒つけたがるじゃん?

よくわからないまま、勝手な想像力でストーリーを作り、それに当てはめるでしょ?

 

 

自分たちが決めたストーリーでなければ「嘘」と断定する構図なんだよね。

 

 

「白鵬は悪いヤツ」という前提で話が進んでた大相撲の問題。

一晩一緒にいたら「やっちゃうでしょ♡」が前提で進んだ不倫問題。

「監督は悪いヤツ」という前提で話が進んだアメフトの問題。

 

 

もう、すでにストーリーが出来上がってるんだもん。

怖いよね。

「事実を明らかにする」とか言うけど、結局余計に事実がわからなくなるんだな。

 

 

インドの寓話である「6人の盲目と象」の話を思い出すよね。

6人の盲目の人が象を話していたんだって。

 

体を触った人は「壁みたい!」と言う。

鼻を触った人は「大きなミミズ!」と言う。

耳を触った人は「うちわみたい!」と言う。

足を触った人は「木の幹みたい!」と言う。

牙を触った人は「槍みたい!」と言う。

尾を触った人は「ロープみたい!」と言う。

 

みんな自分の意見を譲らず、喧嘩になったんだそうな。

 

 

僕らは常に世界の一部に触れているに過ぎない。

触れている部分だけでは全体がわからない。

 

 

そういうことってあると思うよ。

選手も監督も本人たちは本人たちが触れている部分(理解している部分)の話をしているだけなんじゃないかな。

 

 

我が子だったら… 

我が子だったら…ってのを考えるよね。

でもさ〜、考えれば考えるほど、こんなに大事(おおごと)に僕はしたくないなぁって思っちゃう。

 

 

相手の人生もあるしさ。

ウチの子の人生もある。

 

 

あの子のお母さんはどう感じているんだろう?

 

 

 

お父さんは白黒つけたいみたい。

でもさ、お母さんはどうなんだろうね。

 

 

僕は白黒つけるよりも、早くこの喧騒が冷めて、子どもを元の生活に戻してあげたいなぁって思うだろうな。

そりゃ腹は立つよ。

腹は立つけど、自分の子が一番大事じゃん。

 

 

幸い怪我もそこまで重くなかったわけだし、できればさっさと大好きなスポーツに集中できる環境を作ってあげたいよ。

親心って、どうなんだろう?

 

 

そっちに振れないのかな?

わかるんだ、腹は立つよ。

親としては腹が立つ気持ちはわかるんだ。

 

 

でも、それ以上に、「我が子の周りを静かにさせたい」が上回る気がするんだよ。

 

 

よくわからない人たちがヤンヤヤンヤ言って、正義の拳を振りかざす。

絶対的に安全な場所から、なんの権利があってか、他人を削りにいく。

 

 

犯罪者でもないのに、名前を晒し、顔を晒し、徹底的に潰す。

法治国家でありながら、ネット上では私刑が行われる。

 

 

疑わしきは悪であり、豊かな想像力で築き上げたストーリーに当てはめていく。

裁く権利などない人たちが人を裁く。

 

 

この空気感って怖いよな…って思う。

もとは大学生のスポーツの試合のプレー中の出来事。

それが、こんな大事件になる。

 

 

怖いよ。

 

 

でも、あれだな。

記者会見開いて、「子どもに静かな環境を作ってあげたいから、もう追いかけ回さないでください。示談が成立しました」とか言ったら、また叩かれるんだろうな。

 

 

「あの父親は、金に目が眩んだ」とか、「子どもを見捨てた」とかさ、あることないこと書かれるんだろうな。

ネット、怖いわ、ホント。

正義って怖いよ。

 

 

ニュースを見て心がザワついたら、自分の心と向き合うチャンスだな。

自分を知るチャンスだなぁ。

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。