ベキベキ星人とネバネバ星人

どんな人生を選びますか?.

僕らの中には「ベキベキ星人」と「ネバネバ星人」が存在する。

 

他人の言動にも、

自分の言動にも、

制限を設けるのが大好きなのだ。

 

「こうあるべき」のベキベキ星人。

「ねばならない」のネバネバ星人。

 

 

本当の自分の気持ちにフタをして、

他人軸で生きてしまう人のことだ。

 

 

他人軸で生きている人は、

他者にも他人軸で生きることを強要する。

 

 

「あなたもこうすべきだ」

「あなたもやらねば」

 

…となってしまう。

 

一方、自分軸で生きている人は、

他者の言動に対して、

許容範囲がすこぶる広い。

 

ある意味、無関心ともいえるほど広い。

 

この無関心さこそが、関心の表れで、

強要しないことこそが愛だったりする。

 

「あなたはあなたでいいんだよ」

と言えるのは、自分軸で生きている人だけである。

 

 

僕が「独立したい」と言うと、

「そんなの無理!」の大合唱にあった。

 

 

一方で、

すでに自由を手に入れた人たちや

経営者及び起業家の方からは、

大変祝福された。

 

 

他人軸で生きている人は、

自分軸で生きようとする人の

足を引っ張る傾向がある。

 

 

 

それはもう、

まさにステージの違いなわけだ。

 

 

で、

今という時代は、

同じ波動、同じステージ同士がつながりあって、

世界を作っているから。

 

 

今、あなたを取り巻く環境が苦しいなら、

そろそろ卒業のシーズンなのだ。

 

 

「ベキベキ星人」も、

「ネバネバ星人」も、

倒したければ、

あなた自身がウルトラマンになるしかない。

 

 

他のだれも、そいつを手放すお手伝いはしてくれないのだ。

 

ようは何を選ぶかってことなのね。

あなたが何を選びたいか。

 

 

自分の人生もそう。

子育てもそう。

ぜんぶ一緒。

 

 

今ある現状を選んでいるのは、あなたなの。

シンプルに考えたらそういうことなの。

 

 

「だから、あなたが悪い」とか、

「だから、あなたは間違っている」とか、

そういうことじゃないんだよ。

 

 

ただ、

あなたの選択が「今」を結びつけているというだけ。

 

で、大事なのは、いつだって「今ここ」。

そして、「これから」。

 

 

じゃあ、あなたは何を選ぶ?ってことが大事なわけさ。

 

創造的な人生を生きるためのしつもん

どんな人生を選びますか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。