安心なんてものは最初からなかったのさ。


僕は野心家だし、好きな言葉は「努力」だし、ブラック企業でも生き残る自信100%だし。

まあ、そんな人間だから、あらゆる教育論文は最年少でクリアし、出世街道まっしぐらだったのが、ある意味教員としてのアイデンティティーだった。

 

 

名前を聞けば、誰もが「あの学校ですか?」という学校で、生徒指導主事もし、進路指導主事もし、そこから海外赴任。

ある意味、順風満帆で、申し分なく。

このまま「校長先生」になっちゃうのが既定路線だった。

 

 

だから、辞めた。

「努力」と関係なく進んでいく。

そう、それはだれかが築いたレールの上を走るような人生。

 

 

僕はそれに耐えられなかった。

たった一度の人生なのに。

 

 

「もったいない」という意見をたくさんもらったけれど。

 

「公務員は安定しているからいいよね」なんて皮肉を込めて言われるけれど。

「大手」を選んだあなたの感覚だって似たようなもんだろ?っと思う。

 

 

そもそも安定しているから「学校の先生」を選んだわけじゃやない。

メンタルな部分で言えば、かなり不安定な職業だと思う。

 

 

最後まで潰れずにやり抜くのは難しい時代なのだ。

まあ、それはこの記事では置いておこうと思う。

 

 

 

僕は、たった一度の人生をコンフォートゾーンで過ごし続けることの方が「もったいない」と感じたのだ。

 

 

一言で言うと、「つまんねえ」。

生きてることがつまらない!

本当にそう感じた。

 

 

それだけ。

 

 

そして、辞めたからこそ、フットワーク軽くどこにでも行ける。

PC1台で仕事になるから、今いる場所がどこであるかは、大した問題じゃない。

仕事は与えてもらえないけれど、自分で仕事を生み出すことができる。

 

好きで得意なこと、やりたいことしかしていないから、目が覚めてから寝るまで仕事をしている。

はっきり行って、「職業=オレ」だから、超ブラックだ。

「生きること=仕事」なんだから仕方がない。

 

 

全国で講演やワークショップをさせていただいたり、商品開発をしたり、コラボでコンテンツを作ったり。

なにひとつ保証なんてないし、安心なんてゼロだけど。

だからこそ、自由なのだ。

 

 

思うに人は、安心を手に入れると、今度はそれを失うことを怖れる。

よくよく考えれば安心なんて、どこにも転がっていないのだ。

 

 

僕だって不安だ。

子どもが3人もいるのだ!

 

 

だが、そもそも安心なんてものは、この世界には存在しないのだ。

存在しないものを追い求めるから苦しくなる。

 

 

そういうものだと思うのだ。

このブログの続きはこちら。

くればやし ひろあき
公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。