想像力は人を寛容にする。

笑顔の女性

京都府舞鶴市での大相撲春巡業。

多々見良三市長が倒れた際、救命処置をしようと女性が土俵に上がった。

しかし、場内放送で土俵から降りるように促された。

 

 

それが問題になっている。

かわいそうだなぁと思う。

 

 

聞けば土俵は女人厳禁らしい。

大相撲の歴史の中で、女性は土俵に上がることを許されていない。

 

 

確かに命に関わる事態だ。

あとで冷静になって考えればわかる。

 

 

だが、よ〜く考えてほしい。

突然、市長が倒れたのだ。

100%想定外だ!

 

 

その瞬間、女性が救命に駆けつけた。

100%想定外だ!

 

 

そして、周囲の好角家が「女性を土俵に上げていいのか?」詰め寄った。

 

 

さあ、あなたならどうする?

申し訳ないけれど、俺ならマイクで言うね。

 

 

「女性は土俵から降りてください」って。

 

あの相撲協会で、

場内放送を担当する若い行司さんだよ。

 

 

その立場で、大相撲の歴史を破って、

「命の危機だから土俵に上がってもいいんです!」って判断できる人、いると思う?

 

 

想像してごらんよ。

言えないよ。

 

 

そんな不測の事態で、冷静な判断できる?

想像力がないのかな。

 

 

無理だよ、そんなの。

 

 

俺、絶対アナウンスするわ〜。

「女性は土俵を降りてください」って。

 

 

そりゃ、後から冷静に考えたら「人命」の方が大切なのはわかるよ。

でも、あの場でその判断を一介の行司さんがするのは無理があるよね、って思う。

 

 

 

結局、後出しジャンケンなんだよな。

後からなら何でも言えるんだよ。

 

 

この社会が抱える閉塞感はさ、「後出しジャンケン」が原因なんだと思うよ。

批判的な世の中だもんな。

 

 

他人に無関心で不寛容。

だれもが正義になりたくて、いつも悪者を探してる。

 

 

 

あの一瞬で判断しろっていうのは無理があるよ。

 

 

 

それをですね、こんなに話題にされたら、行司さんがかわいそうだわ。

日和見の日本人をマイクの前に立たせてみたら、きっとほとんどの人が「女性は土俵から降りてください」って言っちゃうと思うよ。

 

 

 

批判するのは簡単だよ。

もっと想像力が必要だよな。

想像力は、人を寛容にさせると思うね。

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。