この世界は分かち合うことで循環する♪


今から2年前。

2016年12月、僕ら夫婦が初めて主催したイベントが『しつもん子育てカンファレンス』です。

このイベントは、完全招待制で行われました。

 

 

そのときのロゴがこれです。

僕がその能力を最大限に発揮して作ったロゴです。

もう一度アップしておきます。

 

 

何か問題でも?

 

ちなみに、このイベントは沖縄で開催された「魔法の質問」年間最大イベント『しつもんカンファレンス』がもとになっています。

 

 

このロゴマークは「?」を回転させてできているのだそう。

というわけで、僕は「子」を回転させてみました。

 

 

なので、このロゴマークです。

 

何か問題でも?

 

 

ところが、妻が言うのです。

こんなことを言うのです。

 

 

「なんか、気持ち悪い…」

 

 

そんなことないよね?

そんなことないよね?

 

 

んっ?

やっぱ気持ち悪い?

 

 

そんな僕に救世主が現れました。

それがゆ〜みんです。

 

大橋有美子さん

 

そんな彼女が作ったロゴがこちら。

 

 

まあまあかな。

ちなみに、僕が作ったのはこっち。

 

 

で、ゆ〜みんのがこっち。

 

 

 

うん、わかった。

俺、わかったよ。

もう2度とデザインの分野には口を出さねぇ!

 

 

私、デザイン業界から引退します…。

まだデビューもしてないけどね♡

 

 

そんなわけで、僕の全プロダクトのデザインは彼女にお願いをしております。

↑これも♡

 

↑これも♡

 

↑これも♡

 

はい、そして今度行われる『子育て万博2018inあいち』。

こちらのイベントも、ゆ〜みんです。

 

子育て万博2018inあいち

ちなみに、ホームページも彼女が作っています。

それがこちら。

https://kosodate-expo.wixsite.com/2018

 

そんな彼女と作った商品がこちらです。

『子どもとつながるしつもんカレンダー』

子どもとつながるしつもんカレンダー

 

すごいものができました。

なんと3日で完売ですもん!

 

 

彼女は天才だと思っているのね。

だから、彼女の天才性が発揮される流れを僕はつくるだけでいい。

 

 

一番大切なことは、「信じて手放す」だね。

「次、こんなことやるんで、あとよろしく!」

 

 

いつも、そんな感じ。

コンセプトだけ伝えて、あとは信じるだけだよね。

 

 

信頼してるから、何も言わない。

だって、僕のデザイン力はこれだから。

 

 

 

何かを言う能力が僕にはない(笑)

あとはあれだね。

いつも僕は「デザイン料をちゃんと請求してくれ!」と要求している。

 

 

プロとして認めているから、いっしょに仕事をしているわけで、そこはきちんと対価を支払いたいと僕は思っている。

彼女の天才性を認めながら、対価を支払わなかったり値切ったりするのはおかしい。

 

 

ちなみに、彼女と仕事をするとわかるんだけど、彼女の能力はデザイン力だけではない。

工程を把握し、スケジュールを考え、プロダクトの全体像を俯瞰するっていうのかな。

そこがすごいと思うね。

https://atelier-pekoe.wixsite.com/design

 

 

基本、僕が何かを始めるときは、「彼女ありき」で物事を考えている。

「チームで仕事をする」ってそういうことだよね。

 

 

「子育て万博」も、「子どもとつながるしつもんカレンダー」も、今う動き始めている一般社団法人も、全部チームで仕事をしている。

 

 

苦手なことは、得意な人がやればいい。

チームがあると、考える材料が減る。

その分、自分のエネルギーを自分の得意なことに注げる。

 

 

 

お金はエネルギー交換だから、きちんと対価を支払って、分かち合いたい。

そうやって循環させると、すべてが加速するんだよね。

 

 

 

人生が豊かになる魔法の質問

 だれと分かち合いますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。