努力不足の子どもに心がザワつきます。

学級通信のタイトル

 

中3の次男の勉強時間は1日約2時間…。

テスト前も、延長部活も、部活を引退したこの夏休み中も変わらず、2時間です。

テストも「もうちょっと工夫すれば、あと10点くらいあがりそう!」と思うのですが、とにかくマイペースです(苦笑)

「マイペースがこの子の良さ」とは思うのですが「もうちょっと上を目指して欲しい」という思いもあります。

『期待を手放し、信じて見守りたい!』のですが、心がざわつく時もしばしばです。

このざわつきをどうしたらいいでしょうか?

 

やっぱ向上心がないのって腹が立つよね。

できる子なんだから、もっとやってほしいよね。

上を目指してがんばってほしいよね。

 

 

そうよ、そうなの。

やっぱね、みんな、もっとがんばった方がいいわよ。

あたし、そう思うわ。

 

 

だからね。

 

 

 

お母さんの料理ももっと上を目指さなきゃいけないし。

お母さんの洗濯物の干し方ももっと上を目指さなきゃいけないし。

お片づけの資格も取って、きれいに片付けてお掃除して。

アロマトリートメントの資格も取って流行りのママ起業して。

きれいなお母さんになるためにダイエットもしなきゃね。

 

 

 

そうそう。

SNSで見かけるようなパーフェクトなママを目指さなきゃね。

だって、他の人はできてるのよ。

できてる人がいるのに、なんであなたはがんばらないの?

 

 

もっとできるじゃない。

あたし、信じてるから。

もっともっとがんばんなさい。

 

 

ほら。

 

ほら。

 

 

いいお母さんを目指さなきゃ!

 

 

…って言われたら、辛くない?

子どもに求めてることって、案外自分が子どものときに求められてたことだったりしてさ。

んで、それ辛かったんだけど、大人になったら同じように要求しちゃうんだよね。

 

 

僕ね、自分ができないことを子どもに要求することができないの。

よく忘れ物するし、うっかり子どもとの約束を忘れちゃうことも多いわけ。

 

 

だからね、クラスで忘れ物を叱るとか、全然できなかった。

そのかわり、俺も許すからお前らも俺を許せ!みたいな感じね。

 

 

ゆるくやってたなぁ。

進路に関わる重要な書類とかは絶対に忘れるなよ〜って互いに念を押し合ってたね。

 

 

子どもって好きなことしか熱中できないじゃん?

大人だってそうだよ。

好きなことしかがんばれない。

 

 

でも、「教育」というヤツのおかげで、忍耐とか根性とか努力とかが賞賛されるのがこの国なんだよね。

この前ね、こんな「質問」があったの。

「仕事が楽しい」って変ですか?って。

 

 

これ、不思議だよね。

多くの人にとって、仕事はできればやりたくないことで、楽しいなんて変わってるね!ってなるわけ。

もう、わけワカメだよね。

 

 

みんな、がんばってんだもの。

苦労してんだもの。

 

 

そうやってがんばってがんばって、ココロとカラダをすり減らしてさ。

人生、終わっちゃう人もいるわけじゃん?

 

 

上を目指せと人は求めるけどさ、求められるとなかなか辛いのよね。

 

 

それで、心の「ザワつき」の処理の仕方なんだけどね。

やっぱ、その「ザワつき」は消えないし、消せないと思う。

 

 

だから、いいの。

そのままで。

 

 

はい!あたし、ザワついてます!

 

 

それでいいじゃない?

がんばらないことよ。

みんな、がんばらないの。

 

 

ザワついてていいのよ。

そのままでいいのよね。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 子どものころ、熱中したことは何ですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。