目標なんてラララ♬


年の始め。

「1年の抱負」なんてものを考え、

1年の目標を立てる。

 

 

そういうのって、

だいたいうまくいかない。

 

 

特に独立してからは、

そういうのがさっぱり役に立たないように感じる。

 

 

目の前のこと。

日々のこと。

精一杯やってたら、導かれていく感じ。

 

 

こちらの意図とは関係なくね。

絶妙なタイミングでチャンスはやってくるし。

資金繰りが厳しくなりゃ、どこからともなく資金が降ってくるし(笑)

 

 

必要な人とは必要なタイミング出会うもので。

まあ、予測不能です。

 

 

予測不能だから、予定を立てても予定通りには行かない。

だから、1年の目標っていまいちしっくりこない。

 

 

これがね、スモールステップだといい。

例えば、今日1日の目標。

例えば、今週の目標。

 

 

このぐらい小さな目標だといい。

スモールステップ。

まさに、小さな一歩。

 

 

人生って今、今、今の連続だから。

一歩一歩進んだ先に未来があるよね。

 

 

ちょうど山登りしてさ。

ヒーヒー言いながら登って、あるとき振り返る。

見下ろしてびっくりするわけ。

 

 

「ここまで登ってきたのか〜」って感じね。 

 

 

ところが、多くの人がこれの反対をやる。

大きな目標ばかり立てて、小さな目標を立てない。

 

 

「あれがしたい」

「これがしたい」

と言うけれど、結局「行動」はしない。

 

 

たぶん「行動しない」のではなく、

「行動できない」なのだ。

 

 

じゃあ、なぜ「行動できない」のだろう?

 

 

それは「恐れ」だろうか?

僕は違うと思う。

 

 

怖いからやらないんじゃなく、「初めの一歩」がわからないから「できない」のだと思うのだ。

 

 

僕の最大限の武器。

それを今日は教えるね。

 

 

それは「素直さ」。

「素直さ」は最強の武器だよ。

 

 

僕は言われたことは素直にやる。

「ブログを作る」

「メルマガを書く」

「youtubeをやる」

 

 

それだけじゃない。

「こんな仕組みを作る」

「こんな文章を書く」

そういうことも徹底的にやる。

言われたことは素直にやる。

 

 

その方法が良いか悪いか、正解か不正解か。

そんなことはどうでもいい。

 

 

僕にとってミヒロさんは師匠であり、その教えは絶対だから、まずやる。

僕は公務員で、ビジネスの経験はゼロで、そのうえ才能もゼロだから、とにかく自分より先を行ってる人の言うことは全部やる。

 

 

面白いもので、全部やると、ようやくアレンジが可能になる。

自分に合う合わないが見えてくる。

すると、他の経営者の方と話していても会話が成立する。

 

 

最近よく「コンサルしてほしい」と言われるのは、たぶんそんなところからだろう思われる。

 

 

「守・破・離」なんてよく言ったものだ。

うん、わかりやすい。

 

 

それで、これは僕のよくないところなのだけれど、僕は元「学校の先生」で「教えたがり」なのだ。

だから、尋ねられたら何でも答えてしまう。

 

 

「ブログってどう書いたらいいですか?」とか。

「どうやって集客したらいいですか?」とか。

 

 

お人好しだから、全部教えてしまう。

全部教えて好い気になる。

単純な男だ。

 

 

でも、「教える」と決まってこう言われる。

 

「でも、他ではこう言われました」

「でも、それはできません」

「でも…」

「でも…」

 

 

じゃあ、聞くなよ…と思う。

そんなわけで、最近は聞かれてもあまり教えない。

そういう不親切な自分は嫌いだけど、教えて自分の機嫌を損ねるのも嫌なので教えない。

 

 

ホント、ご縁があって、「この人、応援したいなぁ」って気持ちになったときだけにしている。

そうではないときは、尋ねられても軽く受け流す。

 

 

「集客ってどうされてるんですか?」

「僕も苦労してますよ(笑)」

 

そんな感じ。

 

 

あれ、全然関係ない話になってるぞ。

何が言いたいか整理しよう。

 

 

1年の大きな目標を立てるより大事なことがある。

それは「小さな目標」を立てることだ。

 

 

「今月の目標」

「今週の目標」

「今日の目標」

 

 

このぐらいで十分だよ。

だって、「大きな目標」は立てたところでどんどん変わるし。

この「小さな目標」だってどんどん変わっていいんだけどね。

 

 

僕も今年はこんな感じでやっていこうと思う。

まあ、こうやって書いたところでほとんどの人は素直にやらない。

 

 

そうやって毎年毎年が過ぎていき、やがて年を取る。

人生を変えたいと思ったら、アクションを起こすしかない。

2019年はそんな企画をやりたい。

人生を本気で変えたい人のお手伝いがしたいんだよなぁ。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 終わったとき、どうなっていたら最高ですか? 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。