「普通」を生み出した結果、僕らは苦しくなった。


どんな人間が普通か。

僕ら「普通」を決めました。

「こうあるべき」

「こうでなければならない」

 

 

こういうのが普通だよね。

普通はこうだよね。

そういうものを生み出した結果、僕らはたくさんの問題を抱えるようになりました。

 

 

「異性を好きになること」を普通とし、「男性と女性」を普通にしたことで、LGBTQの概念は生まれました。

「五体満足であること」を普通にした結果、障碍者という概念が生まれました。

「学校に行くこと」を普通にした結果、不登校という概念が生まれました。

「教室ではみんなと同じであること」を普通にした結果、発達障害という概念が生まれました。

 

 

もっと言えば、「男」を普通にしたから、男女差別が生まれましたし、「白人」を普通にしたから、肌の色による差別が生まれました。

 

 

僕らが勝手に作り出した「普通はこうだよね」。

これが僕ら人類に問題や差別を生み出したのですね。

 

 

普通ってなんざんしょ?

これが今、僕らは苦しめています。

 

 

普通は会社に行くもの。

普通は仕事をするもの。

普通は学校に行くもの。

普通はお母さんが育児をするもの。

普通は…。

普通は…。

普通は…。

 

 

 

そうやって、僕らは標準化されてきました。

 

 

平均的であることを愛し、集団から弾かれぬよう空気を読み、「普通であること」を王道としてきました。

「みんな違ってみんないい」と言いながら、本当はみんなと同じを目指してきました。

 

 

どうも僕らは「他人のことをガタガタ言い過ぎるところ」があります。

目は外側を向いて付いています。

ですから、自分のことは見えません。

他人のことしか見えません。

ですから、いつも他人のことばかり見ています。

 

 

僕らが生み出した「普通」を監視し、「普通」から外れたものを攻撃します。

他者に不寛容な社会になりました。

 

 

 

人は人。自分は自分。

あ〜、そうゆう人もいるのね…。

そのぐらいポップに他者を眺められたら楽なのにな。

 

 

男の人を好きな男の人がいたっていいし、女の人を好きな女の人がいたっていい。

身体が不自由な人がいたっていいし、学校に行かない子どもがいたっていい。

 

 

誰が何を好むかなんて、僕の人生には1㎜も影響を与えないわけでして。

自分に関係のないことをとやかく言う。

そういう人が多いわけです。

 

 

100人いたら100通りの人生があります。

1000人いたら1000通りの人生があります。

いろんな人いるんです。

「普通」とかないんです。

あなたの「普通」を他者に押し付ける必要などないのです。

 

 

「へ〜っ、いろんな人がいるねぇ」

「そういうのも、ありだねぇ」

 

 

そんな軽いノリで世の中を眺めた方が面白いと思うのだよ。

 

 

魔法の質問

世の中の「こうでなければならない」には、どんなものがありますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。