よく考えて行動しなさい?考えてやるな!


「よく考えて行動しなさい」

と大人は言う。

 

 

良い子は、

こんな大人の言うことを

聞いてはいけない。

 

 

時代は今、

新しいターンに突入している。

 

 

考えていたのでは遅い。

そもそも考えたところで

わかることなんてたかが知れている。

 

 

君が迷うのは、

未知の世界だからだ。

 

 

未知の世界が広がっているからこそ、

迷うのだ。

 

 

だから、

考えたって仕方がない。

 

 

まず、やれ。

まず、動け。

 

 

大切なことは、

君の内側にある。

 

 

大切なことは、

君の内側にしかない。

 

 

問いかけろ!

問いかけろ!

 

 

やりたいのか。

それとも、

やりたくないのか。

 

 

ぐずぐず迷っている時間は無駄だ。

迷っている時点でやりたいのだろう?

 

 

じゃあ、やれ。

「やる」は決まりだ、

さあ、動き出せ。

 

 

そして、

考えるのだ。

動いたら、

考えるのだ。

 

 

時折、立ち止まれ。

俯瞰しろ。

今、どこにいる。

これからどこに向かう。

 

 

 

よく考えろ。

動き出したら、よく考えろ。

 

 

ついでに、大人はこんなことも言う。

「諦めたら終わりだ」と。

「継続は力だ」と。

「成功するまで繰り返せ」と。

 

 

だが、おそらくその考え方も古いのだ。

予測不可能の時代はスピード感だ。

 

 

 

さっさと始めて、

さっさとやめろ。

 

 

ダメだと思ったら、

傷口が広がるまでに撤収だ。

逃げろ!

逃げちまえ!

 

 

で、次だ。

どんどん始めて、

どんどん終われ。

 

 

失敗は必ず次への糧になる。

けれど、執着すれば傷口は広がる。

 

 

しっかり学んだら次へ行ってみよう。

だから、とにかく「やりたい」と思ったらやれ。

悩んでいる時間は無駄だ。

 

 

 

まず、やる。

やってから考える。

八方塞がりになったら撤退だ。

 

 

そして、また、やれ!

やれ!

やれ!

やれ!

 

 

そして、考えろ。

道はある。

考えて考えて考え抜け。

もがけ、苦しみ、突破しろ。

 

 

そして、ダメだったら、さっさとやめろ。

執着するな。

 

 

新しい時代が来るのに、

古い時代を生きてきた大人の言葉など

真に受けるな。

 

 

参考程度でいい。

真実を言っていると勘違いするな。

 

 

君は君でいい。

やりたいこと、やりな!

どんどんやりな!

 

 

年齢なんてすぐに重ねるよ。

すぐにお年寄りになるよ。

いずれ死ぬよ。

 

 

いやいや明日死ぬかもよ。

やりたいこと、やろうぜ。

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。