妻の「どう思う?」には気をつけろ!


妻が写真を見せてきた。

どんな写真か。

 

 

それは、

アパレルショップで

試着したときの写真だった。

 

 

それで、

こう尋ねるわけさ。

 

 

「ねえ、どう思う?」

 

 

ど、ど、ど、どう思う?(汗)

なんて答えたらいいのだろう?

 

 

正直、よくわからなかった。

ファッションコンサルタントの方に

見繕ってもらったらしく、

日頃着ないような服装だった。

 

 

基準がないので、

よくわからない。

 

 

妻自身は、

この服をどう思っているのだろうか。

 

 

「ねえ、

 (この服、気に入ってるんだけど)

 どう思う?」

 

 

なのか、

 

「ねえ、

 (この服、気に入らないんだけど)

 どう思う?」

 

なのか。

 

 

このクイズ、

正解は彼女の中にあり、

それを夫としては探らねばならない。

 

 

地雷原を目隠しして歩かされる気分だ。

ロシアンルーレットだ。

生きた心地がしないね。

 

 

それで、

僕はこう尋ねた。

 

 

「なんて答えてほしいの?」

 

 

そう伝えたら、

彼女は気分を害してしまった。

 

 

 

はい、

 地雷、

  踏みました♡

 

 

 

 

 

 

彼女は

「いいね」

って言ってほしかったそうだ。

 

 

 

彼女は

「似合うね」

って言ってほしかったそうだ。

 

 

 

 

 

わかんね〜よ!

 

 

 

男やるって、難しいッス。

 

 

さて、

必ずしも「どう思う?」に対して

「いいね」で答えられないものもある。

 

 

たとえば、

「この保険、どう思う?」

みたいなやつだ。

 

 

なんでもかんでも、

「いいね」とはいかない。

 

 

「ねえ、どう思う?」

 

 

この質問には、

実は出題者の中に、

すでに「正解」が用意されている。

 

 

すると、

これはもはや

ノーヒントのクイズである。

 

 

いや、

妻のご機嫌を斜めにしない

ギャンブルである。

 

 

だから、

お願いがあります。

 

 

「ねえ、どう思う?」

 

 

その前に、

ヒントをください。

 

 

「私はこう思うんだけど…

 ねえ、どう思う?」

 

 

そしたら、正しく答えます。

 

 

「この服、気に入ってるんだけど

 ねえ、どう思う?」

 

ならば、「いいね〜」だし、

 

「この服、気に入らないんだけど

 ねえ、どう思う?」

 

ならば、「そうだね〜」だし。

 

 

 

まあ、そんな風に考えると、

女性というのは

男性に意見を求めているわけではないわけです。

 

 

 

これ、

重要だから、

大きな文字で書いておきますね。

 

 

 

旦那さま♡

 

 

お前の意見は

 聞いてねぇよ!

          です。

 

 

 

 

いいですか?

 

「ねえ、どう思う?」

と尋ねておきながら、

「意見は聞いてない!」

のです。

 

 

もはや、独裁者

答えは、「はい」か「YES」なのであります。

 

 

 

 

同意を求めているわけでして、

共感してもらいたいのです。

 

 

 

 

だったら、

先に答えを教えてください。

私に正解をください…。

 

 

 

 

男性の皆さん。

 

「ねえ、どう思う?」

 

に対して、馬鹿正直に感想を述べてはいけません。

そこには、1つも正解がないのです。

 

 

まず、妻がどう思っているのかを探ります。

そして、そこに共感を示します。

正解がわからないときは、「いいね」です。

 

 

 

いいんです。

どうせ正解はないのです。

 

 

 

彼女たちは、

あなたが「どう思っているか?」には、

興味がないのです。

 

 

あなたが「どう思っているか?」には、

興味がないくせに、

 

「ねえ、どう思う?」

 

 

と尋ねてきます。

 

 

気をつけよう。

事故りますぜ。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。