子どものテレビゲームを止めさせたいあなたへ


「くればやし先生は、

 テレビゲームについてどう思われますか?」

 

 

この質問、

ほぼ毎回される質問である。

 

 

期待されている答えはきっと、

「ゲームはよくないですねぇ」なのだ。

 

 

そして、お母さんはこう言う。

 

 

「ほら、

 元中学校の先生もね、

 ゲームはよくないって言ってたわよ」

 

と。

 

 

 

ちなみに、僕はゲームが悪いとはカケラも思っていない。

だって、俺、むっちゃファミコンやって育ったし。

今も子どもたちとゲームやりまくるし。 

 

 

ゲームなんて、

ただの娯楽だ。

 

 

恐るに足りん!

 

 

 

で、先日の講演会でもご質問いただいたのだ。

そんなわけで、僕はこんなお答えをした。

 

 

 

たとえば、もし。

あなたが嵐のことが大好きだったとする。

 

 

そんな大好きな嵐に夢中のあなた。

あなたに家族がこう言うんだ。

 

 

「嵐ばっかり見てんじゃないの!」

 

「いつまで嵐を見ているつもり?」

 

「嵐は30分だけにしなさい!」

 

 

そう言われたあなたはきっと、

こう思うはずだ。

 

 

うるせえ!

 クソババア!

 

と。

 

 

 

 

 

たとえば、もし。

あなたがプロ野球が大好きだったとする。

 

 

そんな大好きなプロ野球に夢中のあなた。

あなたに家族がこう言うんだ。

 

 

「野球ばっかり見てんじゃないの!」

 

「いつまで野球を見ているつもり?」

 

「野球は30分だけにしなさい!」

 

 

そう言われたあなたはきっと、

こう思うはずだ。

 

 

うるせえ!

 クソババア!

 

と。

 

 

さて、問題だ。

ゲームを辞めさせたいあなたは、

子どもにくどくどと

こうつぶやくのだ。

 

「ゲームばっかりしてんじゃないの!」

 

「いつまでゲームをしているつもり?」

 

「ゲームは30分だけにしなさい!」

 

 

 

そう言われた子どももまた、

きっと、こう思っているはずだ。

 

 

うるせえ!

 クソババア!

 

と。

 

 

 

毎日毎日、

クソババア!と思った結果、

あなたと子どもの関係性は壊れてしまう。

 

 

 

 

ゲーム依存については、この記事を読んでね♡

 ゲームやスマホばかりしている子

 

 

 

 

大好きなものを否定したら嫌われるよね。

それ、普通。

 

 

「あんな男はやめておきなさい!」

そんなことを言われたら、

逆に盛り上がるのが恋心である(笑) 

 

 

ぶっちゃけ、

ゲームやって死んだ奴なんていないよ。

 

 

でもさ、

親子の関係が壊れて死んだ奴はいるわけよ。

 

 

敵はゲームじゃねえぞ。

ゲームしか楽しみがない状況。

こっちの方が問題だぜ。

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。