犬も食わねえ夫婦の揉め事を丸く収めるシンンプルな方法


マウイに行ってる妻から久しぶりの電話。

かかってきた理由はわかっていた。

子ども会の回覧板の回し方を、メッセージアプリで尋ねたからだ。

 

 

わざわざ電話をかけてくる◯の妻。

返信ならメッセージアプリで十分だろ?と思う□夫。

 

 

「facebook見たよ。怪我の具合どう?」と案の定前置きから入る◯の妻。

「ああ、もう大丈夫だよ?それで…」と前置きを打ち切ろうとする□夫。

 

 

「子どもたちは元気?」と矢継ぎ早に前置きを挟む◯の妻。

(早く本題に入ってくれよ)と思いつつ、「まあ、それなりに」と空返事を送る□夫。

 

 

「また、前置きが長いと思ってるんでしょ?」と笑う妻。

(わかってるなら早く言えよ)という思いは隠して、「そんなことないよ」と伝えるも、声に本音が出てしまうのはストレート型の夫の「らしさ」か。

 

 

それでようやく「子ども会」の情報を入手。

情報が得られたなら仕事に戻りたい□夫。

つまりは早く電話を終わりたい。

 

 

だがしかし、久しぶりだから話を引き出したい◯の妻。

 

 

長男も体調不良。

そこで妻が尋ねる。

 

 

「長男くんはどう?」

「元気になって今日は学校へ行ったよ」

「熱は?」

「ないみたい」

 

 

聞かれたことにただ答える。

そこに遊びはなし。

そこに余白はなし。

会話を楽しむ気持ちすらなし。

 

 

なぜなら、俺は仕事中。

自分のペースが大事な□夫。

 

 

そしたら、妻が尋ねる。

 

 

「長男くん、どこの病院行ったの?」

1〜10まで知りたい◯の妻。

 

 

(その情報、いらなくね?)と思うのは□夫。

病院名を告げると、「ふ〜ん…」と空返事。

(ほら、いらね〜情報じゃん)と思う。

 

 

黙っときゃいいのに、「その情報、いらんでしょ?」と余分なことを言う。

普通の夫婦なら、ここで一悶着。

 

 

ところが妻が、「だって、◯だもん」と言う。

「知ってるよ」と答えてお互いに笑い合う。

 

 

それで終わり。

 

 

妻が帰りの飛行機での心配事を言う。

お土産のために荷物が増えすぎてしまったのだそうだ。

 

 

問いが生まれると答えを探すのが□夫。

すぐに答えをGoogle検索。

 

 

 

「どうしよう?」と言う◯の妻。

 

 

□2夫は情に厚い。

冷たいくせに、心に迫られるとほっておけなくなる。

 

 

それを知ってか知らずか。

◯2妻は計算尽くか?

 

 

困った表情が伝わるような声色を使う。

問題は超過料金を支払えば解決する。

 

 

 

□夫が一言。

「お金で解決すれば済む話でしょ」と背中を押す。

 

 

 

今日はそんな10分間のやりとり。

◯□△。

たったそれだけ、わかってるだけで、僕らはぶつからずにすむ。

 

 

シンプルな方法。

つまり、相手を理解するってことさ。

思いやるってことさ。

 

 

だって、人間関係は鏡だもの。

相手だけが悪いなんてことはないのよ。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。