期待をしてもいいんだよ。

思春期 悩み

「期待を手放す」って、どういうこと?

「期待を手放すってどういうことですか?」という質問をいただきました。

ありがとうございます。

 

▽▽過去の投稿記事▽▽

期待を手放すと、子育てはもっと楽になるよ。

期待を手放して、ただただ◯◯する

あのね、「期待するな」って意味じゃないんですよ。

「期待」はね、するものなの。

「期待」はね、しちゃうものなの。

だって、親なんだもん!先生なんだもん!

 

「期待」していいんだよ。

 

だけどね、その「期待」の生まれた場所をちゃんと知っておかないといけないんです。

「期待」って、期待している人の内側から生まれたものなの。

この子には関係のないところで、勝手に生まれたものなの。

 

それをまず知ることが最初のステップです。

 

イライラの原因は内側

人間って勝手なものでさ、自分で勝手に期待しておいて、思い通りにいかないとイライラしちゃうの。

 

「高い金を払って塾に行かせているのに、なんだこの成績は!」

たとえ、この子が「塾に行きたい」と言ったとしてもだよ、最後に行かせる選択をしたのは親自身なの。

そこには、期待があるのだよ。

いろ〜んな期待がね。

 

だからね、期待に応えてもらえないと、イライラして怒りをぶつけちゃうんだな。

 

かわいい服着せたのに、汚してしまう。

せっかく料理をつくったのに、食べ残す。

 

そんなとき、イライラを感じたら、自分の内側にあった「期待」にそっと手を触れてみるといい。

 

イライラしている自分に気づく

つまりね、イライラしているのは、自分が勝手に生み出した期待を裏切られたと感じているから。

それを癒せるのは、自分だけなんだな。

 

ときおり、こんな先生を見かけます。

 

「こんなに指導しているのに!」

「何度言ってもわからない!」

「あの親は!」

「あの子は!」

 

うんうん、わかるわかる。

でもね、そのイライラの原因は相手ではないのだよ。

そのことに気がつけると、期待は手放せるんだな。

 

でね、教室の空気が整うんだ。

これ、本当です。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

子どもにどんな期待をしていますか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。)