期待を手放すと、子育てはもっと楽になるよ。

自己肯定感 子どもへの期待

ガッカリは期待の裏返し♪

期待しているからガッカリするんですよね。

先日もね、
読者様からこんなメッセージをいただきました。

「残念です」

 

意に沿わないメルマガだったのかな、
本当にごめんなさいね。

 

でもね、僕はこのメッセージから、
大きな気づきをいただいたのです。

 

「残念です」

そう書かれたメッセージを受け取り、
僕はハッとしました。

 

「あっ、
 この気持ち、
 子どもが感じている気持ちは
 こんな気持ちなのかも」

って気づかせてくれたのです。

 

いろんな考え方があっていいよ♪

ときおり、批判的なメッセージをいただきます。

それは全然、いいんです。

「そういう考え方もあるんだな」って、
勉強になるからです。

考え方は十人十色。

 

僕は自分の考えを100%正しいとは思っていません。

だから、いろんな考えがあっていい。

どちらも間違いじゃない

ただ考えが違うだけ

 

だから、
僕は一方的に発信しています。

「ただ発信する人になりなさい」

そうメンターから教えられたからです。

 

だけど、ときおり議論しようとする方が見えます。

でも、残念ながら、僕は議論はいたしません。

「あなたはこう考える。私はこう考える」

それでいいと思っているから。

どちらが正しいとか、
どちらが優れているとか、
どうでもいいんだもん。

 

期待に応えたいのが人間です♪

そんな僕だけど、
「残念です」とか「ガッカリです」というメッセージに、
心がザワザワ、泡立ったんです。

 

この気持ちはなんだろ〜♪

この気持ちはなん〜だろ〜♪

(谷川俊太郎『春に』より)

なんか期待させちゃってごめんなさいって思ってしまう。

そうか、人間だもの。

期待に応えたいと思うよね。

うん、そうか!
自分の中の「いい人」が顔を出すんだな。

残念は期待の裏返しだから、
ひどく心が凹むのですね。

 

子どもへの期待はね…

「こう育ってほしい」

そんな願いが親にはあります。

子どもに期待します。

子どもは、
その期待に応えようとします。

 

だって、愛されたいんだもん。

 

でもね、
期待に応えられないこともありますよ。

期待に応えきれないこと、いっぱもありますよ。

 

そんなとき、

大人はガッカリします。

残念だって思うの。

ときにはね、
その気持ちを、
言葉に出してしまうの。

 

でもね、
ガッカリするのは
子どもの問題じゃないの。

それを感じているは大人の方だから。

その気持ちを
選択しているのは大人
の方だから。

 

「何度言ったらわかるの?

 残念!ガッカリ!」

 

そんな言葉を受け取るたびに、
子どもたちの自己肯定感は失われていくのです。

 

期待に応えなきゃ!って思うけど、
期待に応えられない。

あぁ…、僕はダメな存在

あぁ…、私は価値のない存在

 

そうやって、
子どもに感じさせるような言葉
届けていないだろうか。

子どもたちを苦しめていないだろうか。

 

自分自身の言葉を
見つめ直したいと
心から思いました。

 

人間はだれもが期待に応えたい。

だって、愛されたいんだもん。

 

だからね、
心に留めておきたいことがあります。

期待が高ければ高いほど、
子どもは苦しく感じるということを。

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

子どもに期待していることは何ですか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。) 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。