期待を手放して、ただただ◯◯する

自尊心 自己肯定感

愛されてるという確信が、自己肯定感を育てる

根拠のない自信。

自分は愛される価値のある人間だっていく確信。

 

そういうのが根っこにある子は強い子です。

七転び八起きできる子。

何度倒れても、
何度倒れても、
そのたびに立ち上がる。

そんな子は強い子です。

 

そんな強い子だから、
失敗を恐れずにチャレンジできるんです。

 

失敗しても立ち上がる自信があるんだもん。

だから、
チャレンジできるんだ。

 

それはね、
自己肯定感の高さが為せる業(わざ)なの。

 

自己肯定感は、
愛されてるって自信の表れ。

自分の内側を満たされたからこそ育つもの。

 

だから、いっぱい愛してあげればいい。

 

みんな、愛されたいんだな♪

人間はだれだってそうなのだ。

愛されたいの。

だからね、
期待されたら期待に応えたいと思う。

だって、人間だもの。

 

期待に応えられないと、
愛されないと思っちゃう。

 

だけどね、
期待って一回応えると、
次はその期待値って
もっと高まるじゃない?

走高跳びと同じなの。

一度跳べたバーはさ、
「それはもう跳べるよね?」
って思われるわけでしょ。

 

だから、
苦しいんだよ。

期待が高まるほどに、
子どもたちは苦しくなるの。

 

期待を手放して、応援をしよう

テストで高得点!

それ、むちゃくちゃ褒めたとするじゃない?

 

するとね、

次のテストはどうしたって
それ以上の点数を求めちゃう。

 

でもね、


人間って、
期待が大きければ大きいほど、
ガッカリするんだな。

 

ガッカリするのは、
期待の表れなんだ。

 

でもね、

だからね、

苦しいんだよ。

 

結果を出せば出すほど、
期待は高まるの。

期待が高まれば高まるほど、
ガッカリするの。

 

がんばってるのは子どもたち。

 

で、

 

勝手に期待してるのも、
勝手にガッカリしてるのも、
大人たちなんだな。

 

だからね、
期待は手放すといい。

 

興味をもって、
ただ応援するだけ。

 

期待はしないで、応援するの。

それだけで子どもたちって力を発揮するんだからさ。

 

期待って、
自分のためのものだから。

この子のことを想うなら
それ、手放していいんじゃない?

 

ハッピーな子どもを育てる大人になるためのしつもん

どのように子どもを応援しますか?

 

(「いいね」を押していただき「しつもん」の答えと一緒にシェアしていただけたら幸いです。) 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。