どうしたら生き生きと学ぶのかな?

ゲーム依存 スマホ依存

勉強しない大人は多くいます。

これは不思議なことです。

ビジネスのこと、投資のこと、人生のこと。

学べば学ぶほど、豊かに生きられる。

 

学ぶことは、人生に彩りを加えてくれます。

 

学ぶことの価値を知っているか、知らないか。

そういうこともあるのかもしれません。

 

幸いにも、「勉強しなさい」と叱られながら、嫌々勉強してきた経験が僕にはまったくありません。

好きなことを好きなだけやってきました。

興味の湧いた教科だけを勉強してきました。

 

だからかな。

今も、学ぶ意欲にあふれているのは。

 

 

周囲の大人も、よくよく学んでいる人というのは、総じて学ぶことの楽しさを知っています。

だれかに評価されたくて学んでいるわけではありません。

褒められたくて学んでいるわけでも、だれかを出し抜こうとして学んでいるわけでもなく。

 

純粋に「人生をよりよくしたい」。

そんな思いを感じます。

 

 

さてさて。

 

子どもたちが生き生きと学ぶ瞬間があります。

目の前に困難な課題があっても立ち向かう。

何のためにやるのか、明確で。

どのようにやるのか、明確で。

 

 

 

そんなときは、子どもたちは生き生きと取り組みます。

 

 

学ぶことは、どこまでも能動的な活動であり、自己完結のストーリーです。

「自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら課題を解決する」

そういうものです。

 

そして、そのメカニズムがわかってくると、授業づくりはとても簡単になります。

 

さて。

 

だから、「勉強しなさい、勉強しなさい」ということに、本当は価値がないのだ。

「点数が悪かったら、塾に入れるよ」なんて言う必要はないのだ。

 

 

問題の本質はそこではない。

小さいころから知的好奇心を育むことをしてきただろうか。

能動的な学びをしてきただろうか。

体験的な学びをさせてきただろうか。

 

 

学びとは何も、テストの点数をあげることではないんです。

「あの森の向こうには何があるのだろう?」と知的好奇心を満たすために野山を駆け回る。

それだって、素晴らしい学びなの。

 

 

絵本の世界に浸り、新しい言葉と出会う。

「この言葉って、どういう意味?」

「これはね…」

こんなやりとりだって、なんとも愛おしい学びなのです。

 

 

文明の利器は、僕らに大量の情報を届けてくれます。

それは、いわば受動的なインプットです。

テレビやテレビゲーム、スマホといったコンテンツに育児をさせてこなかっただろうか。

そう、自問自答してみます。

 

子育てに迷ったときに出逢いたい100の言葉

知的好奇心を育てるのが先。ワクワクさせてる?