個人懇談会で保護者をファンにする魔法の言葉

個人懇談会では、「子育て」と「子どもとの出会い」への感謝を伝える

保護者に伝えること、伝えないこと

 

個人懇談会で、みなさんは何を伝えていますか?

 

僕は、

「できていない部分をきちんと伝えなさい」

と教えられました。

 

ですが、今、僕は子どもの問題点を一切伝えません。

 

問題点なんてあって当然

 

そして、親はね、知ってるんです、そんなこと。

わざわざ先生に言われなくても知ってるんです。

 

勉強ができない。

提出物が出せない。

忘れ物が多い。

 

そんなことはぜ~んぶわかっているんです。

だって、もう何年も親子なんです

 

だから、僕は一切伝えません。

 

 

個人懇談会は最大のチャンス

 

個人懇談会は

保護者と「子育てのパートナーシップ」を結ぶ最大のチャンス!

 

時間はせいぜい15分。

たった15分で「子育てのパートナーシップ」を結ぶんです。

 

「悪いところ」なんて伝えている暇はありません。

では、何を伝えるのか。

 

僕はいかにこの子のことが好きかを伝えます

 

お母さんが手塩にかけて育ててきた子どもを、

僕がどれだけ好きか伝えるんです。

 

もうね、

とりあえず「好きだ」って言うんです。

 

「この先生、『お母さん、娘さんを僕にください』って言うんじゃないの?」

って思われるぐらいに伝えます。

 

「この子が大好きです」って、

とりあえず言ってみてください。

 

その子のことで思い出せるエピソードを全部語ってください。

そのエピソードがたとえ、どうでもいいような内容でも、

「好き」の理由に聴こえてしまいます。

 

『好き』に理由はいらないんです。

 

そして、最後に一言、これを伝えてください。

「お母さんのおかげで、

こんなに素敵なお子さんに出会うことができました」

これだけです。

 

この一言で、お母さんもハッピー

もちろん、子どももハッピー

そして、先生もハッピーになれる。

 

子どもたちとの素敵な出会いをいただけたのは、お母さんのおかげです。

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 

 個人懇談会では「好き」を伝える

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。