コンプレックスさえ武器にする覚悟

教員採用試験 大学生

中学生の洗礼!

僕は意気揚々と校舎へと続く廊下を歩いていた。着慣れないスーツに身を包み、不安と期待を胸に教室へと向かった。大学を出たての4月。僕は、新任の教師として中学生の前に立っていた。

 

さて、あるときの廊下からこんな言葉が聞こえてきた。「お〜い!」と手を振る女子中学生。ふと視線をやると、全然知らない子たちだった。他の学年の子だろう。

 

すると、彼女たちは笑いながらこう言った。

「キモっ!」

そして、それ以上は何も言わずに去っていった。

まだ、「キモい」「ウザい」がメジャーではない時代だった。

「キモってなんだ?」

わけがわからない気持ちだった。僕は、自分の担任する教室に行くと、子どもたちに尋ねた。

 

「ねぇ、『キモ』ってどういう意味なの?」

 

「え〜、先生知らないの?気持ち悪いって意味だよ」

 

ガ〜ン…。

 

気持ち悪い…。

気持ち悪い…。

気持ち悪い…。

気持ち悪い…。

 

大学出たてのピチピチ(死語)の新任教師。

見た目は、普通だろ?

いや…、っていうか君ら、だれだよ?

しゃべってこともないぞ!

全然気持ち悪くないし!

いや待て!ホントは気持ち悪いのか?

俺は気持ち悪いのか〜〜〜っ!!

 

そう!

超ショックを受けました。

 

コンプレックスさえも武器にする覚悟

それが5年もすると、何言われても平気になります。

「しゃくれ」

「薄毛」

「ウザい」

「キモい」

ど〜んと来い!って感じです。滑舌が悪いと真似されたりなんて、もうヘッチャラです。

 

トレンディーエンジェルや森三中に妙な親近感を覚えるんですね。あのタフさ、先生という職業には必要だなって思うのです。中学生ってコンプレックスに感じるようなところ、平気で突いてきます。

特に若いころって、そんなところがあります。

 

でもね、いつしか気づいてしまったんです。それって、子どもたちの求愛行動なんですね。「構って光線」なんです。

 

だから、そんなときは全力で受け止めてあげるんです。「しゃくれ」って言われたらね、「この鋭利なアゴで、攻撃するからな。痛いぞぅ」ってやり返す。「ハゲ」って言われたらね、「お兄さん、トレンディーだね。う〜ん、トレンディーエンジェル!」ってやる。そのぐらいの覚悟が必要です。

 

と、そんな学校ばかりではないかもしれませんが、これから先生を目指す学生さんは、覚悟があるといいですね。そういうものも受け止めきれる覚悟はありますか。

 

「そんなの情けない!ビシっと注意しなさいよ」って思うかもしれません。でもね、たとえばあなたがすごく太っていたとしよう。で、子どもたちが「デブ!」って言うんです。これね、結構注意とかしづらいの。で、怒鳴っちゃう先生もいる。でもね、そういうのが一番のカモなの。だって、怒らせたいんだもん。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

 コンプレックスさえも武器にする覚悟をもつ

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。