何を優先して仕事をしますか?

学校の先生の仕事 教員採用試験

何を優先して仕事をしていくか。

「その仕事は子どものためになるか」

これが価値判断の基準です。

 

学校現場で仕事をしてると感じることがある。

子どものためにやってんのか、大人のためにやってんのかわかんないな〜ってこと、けっこうある。

 

 

子どものためにならないならば、僕は断固として異議を唱えてきました。

そして、その異議はことごとく通してきました。

なぜ、会議で意見が通るかといえば、簡単な話です。

それが真理であり、本質だから。

 

 

ぐうの音も出ない。

校長だろうが、教育委員会だろうが、関係なかったんです。

 

 

「それ、大人の都合でしょ?」

「子どものこと、考えてないでしょ?」

「ここは何?教育機関なの?」

 

 

それをワガママだと言う人もいる。

組織なんだからとか陰口を叩く者もいる。

 

 

 

でも、間違えてはいけない。

これ、大事なことなのだ。

 

「その仕事は子どものためになるか」

 

その価値判断の基準を置いてきぼりにして、組織の保身に走ったら、どうなると思う?

子どもの心が離れるんだよ。

 

面倒臭いことを愚直にやるんだよ

若い先生がこんなことを言う。

「それ、やる意味あるんですか?」

そこには「面倒臭い」って気持ちがありありと見えたんだ。

 

 

 

意味があるかないかなんて、やってみなけりゃわからない。

そんなセリフは10年やってから吐いてみな。

ペーペーのうちは、まずやってみろって。

やってみて、意味があるかないかなんて考えろってって話なわけ。

 

 

そもそも、意味があるとかメリットがあるとか効率がいいとか、そういうことじゃないんだよね。

 

面倒くさかろうがなんだろうが、それが子どもたちのためになるならやるんだよ。

逆にね、組織や大人を守るための仕事は全捨てなんだよ。

 

 

 

子どもたちはね、そういうのちゃ〜んとわかってんの。

見透かされてんだよ。

「学校の先生なんてこんな程度でしょ?」って子どもたちに見透かされる。

 

 

だから、信頼されないんだ。

だから、子どもに蔑まされるんだ。

 

 

簡単な話だよ。

相手のことを大切にしてるかって話なわけ。

人間関係は鏡だから。

大切にしないと大切にされないの。

 

ハッピーな先生になるためのステップ

仕事の基準は「子どものためになるか?」で考える。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。