「学校なんていらない派」がウゼーなと思う理由

どんなワクワクを作りますか.

学校に批判的な記事なんて誰でも書ける

この時期になると、

急に学校が悪者になる。

批判的な記事がウケる。

 

 

そんなの、

だれでも書けるんだよね。

 

 

なんで書けるかというと、

何も知らないからさ。

 

 

内側に入って、

本当の実態を知らないから、

批判的なことを書ける。

 

 

そりゃ、一部の教員はアホだ。

世の中は「2:6:2の法則」があるからね。

2割ぐらいはアホかもしれない。

 

 

でも2割の教員は必死に考えているし、

その2割で学校を動かしていると言ってもいい。

 

 

そして、

6割の先生だって、

それぞれの能力で必死に仕事をしている。

 

 

この時期になると、

学校に批判的な記事が増える。

 

 

そういう記事が、

8割の「がんばってる先生」の心を折らないか、心配だ。

 

 

プロ教師のセンサー

「生徒指導」なんて言うと、服装だの髪型だの校則だの、って考えがちだ。

でも、実態は違う。

そんなのは、目に見えることだからクローズアップされやすいだけ。

 

 

生徒指導の多くは、ルールを守らせることではなく、児童生徒の生活を守ることにある。

だが、そういうことは表に出ない。

だから、何も知らない人たちは一方的に学校を攻撃する。

 

 

「学校なんてなくたっていい!」なんて暴論を見ると、

「おいおい。アンタ、どこまで社会の現実を知ってるの?」って思ってしまう。

 

 

いろんな家庭があるんだよ。

両親がいる家庭。

パパかママしかいない家庭。

 

 

それだけじゃない。

パパもママもいない家庭もある。

ホントに捨てられてて、保護することだってある。

 

 

言っとくけど、子どもの異変に最初に気がつくのは、学校の先生だ。

凄まじい感度のソナーを備えていて、子どもの異変に気づく。

 

 

表情なんてのは当たり前。

ちょっとした振る舞いなんてのは当たり前。

 

 

ノートの臭い、書く文字。

制服のシワ、ホコリ、臭い。

靴下の汚れ。

集金の遅れ。

弁当。

健康診断。

 

 

もう、ありとあらゆるものから情報を察知している。

学校がなければ、児童虐待に気がつくことなどできない。

 

 

犯罪だって、警察より先に気づく。

言っとくけど、プロを舐めてはいけない。

 

 

セーフティーネットとしての機能を考えた場合、

学校は最強のシステムだと思っている。

 

 

そもそも乳幼児健診にすら連れていかない親がいる。

学校の場合、休めば必ず電話がかかってくる。

わざわざ家庭訪問をする。

運動会では親と一緒に弁当を食べるのなんてのもその一つ。

 

 

実は子どもの家庭での様子をつかむポイントはたくさんあるのだ。

 

 

で、そういうポイントで見ると、「不登校」の子どもに「学校においで」と言いたくなる先生の気持ちもわからなくはない。

学校に来てほしいって思うのは、人間だから普通じゃね〜か?と思う。

 

 

ある不登校の子の話

ある子がね、学校に来れなかったの。

なんで来れなかったかって言うと、

「宿題が一つでもやれないと心が引っかかってしまうらしい」

それで、学校に行けなかったのね。

 

 

じゃあ、「学校に来なくていいよ」ってなるかって言うと、そうじゃないんだよね。

やっぱ学校には、来れるなら来てほしいじゃん。

 

 

僕がしたこと。

まず、各教科担任の先生に、宿題やらせないことにするから、配慮してくれ、と。

学級全体で宿題の指導をしないでくれ、と。

 

 

ちなみに、僕のクラスは「みんな違ってみんないい」だから、他人が宿題を出そうが出すまいが、「お前に関係なくね?」が浸透しているので、宿題を出さなくても、それを咎めるような生徒はいない。

 

 

んで、後はその子に「いいか、宿題を出すなよ!」と指導する。

まあ、この場合、普通の先生は宿題をどうやって出させるかを考えるよね。

 

 

僕は逆。

「宿題を出さなければならない」を手放す方法を考えたわけ。

で、その子は見事、ほとんど休まなくなった。

 

 

もちろん、僕だって学校に行きたい子は行けばいいし、行きたくない子は行かなければいいと思っている。

だが、行けるものなら行った方がいいとも思っている。

 

 

学校反対派ではない。

ただ、行きたい子は行けばいいし、行きたくない子は行かなければいいと思っている。

その子は「行きたい子」だったからね、支援をしたかったんだ。

 

 

 

学校は地獄なのか

学校の先生は、教室をハッピーにするのが仕事だ。

「学校が地獄」みたいな表現が、デカデカと書かれた新聞を見て、(なんだかなぁ)という気分になった。

 

 

「学校なんてなければいい」みたいな人を見ると、

「本気か?」と思ってしまう。

 

 

学校で食べる給食が唯一のまともな食事って子どももいるんだよ。

先生たちが必死に制服やらカバンやらを書き集めて、学校に通う子もいるんだよ。

駆けずり回って児童相談所につないだりしてさ。

「金八先生」の事件なんて、かなり甘口だよ。

リアルな世界はもっと辛口だよ、ホント。

 

 

なんか、「学校は地獄」的な報道を見るたびに心が痛む。

そこに喜んで行っている子どもだっているし、

必死に働いている先生だっているのだ。

 

 

何だかその一方的な情報発信が腹立たしくて仕方がないのだ。

 

 

必死になって学校を素敵な場所にしようとしている先生たちだっているのだ。

そういう先生たちの心を折ってしまうような批判的なことしか書けない人を見ると、「あ〜つまんねえヤツだな」と思えてしまう。

 

 

ハッピーな先生になるためのステップ

さあ、まもなく新学期。教室にどんなワクワクを作りますか?

 

くればやし ひろあき

1978年8月12日生まれ 愛知県名古屋市出身 愛知県刈谷市在住 妻と3人の子ども(高2、中3、小4)の5人家族

2001年、大学卒業と同時に正規採用されて名古屋市立の中学校に勤務。愛知教育スポーツ振興財団による中学夜間学級にて講師、名古屋市教職員組合瑞穂支部青年部長、名古屋市教育委員会教育派遣員、全国教育研究集会正会員など、初任の教員としては異例のスピードで評価を高めていく。

2007年、当時市内で最も荒れた中学校を立て直すことに奔走。生徒指導主事、進路指導主事を歴任。
その成果が認められ、2012年文部科学省から派遣されて在外教育施設(日本人学校)に出向。当時生徒数が世界最大の日本人学校で生徒指導部長を務める。海外で様々な起業家にお会いし、起業の意思を固め2015年に帰国。
名古屋で唯一の小中一貫校である名古屋市立の中学校に着任。学年主任、進路指導主事を兼務する多忙な中、ブログとメールマガジンの執筆をスタートする。

2017年退職して独立。ママコミュニティーの運営やイベントの主催、全国にて子育て講座や講演活動を行う。

「9月1日は子どもたちが最も自ら命を絶つ日」ということを知り、子どもたちに命の大切さを啓蒙する映画上映会を企画。クラウドファンディングで100人の支援者から80万円を資金調達し、 愛知県内8会場で映画上映会を主催。のべ1000人を動員した。その成果が認められ、市民代表として刈谷市自殺対策推進委員を市より委嘱される。

2018年からは「児童虐待」にスポットを当て、「虐待してしまうママを責めるのではなく、そんなママに手を差し伸べることこそが、子どもの命を守ることにつながる」と考え、 『子育て万博 2018』(愛知県安城市)を主催。250人を動員。『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
2019年 『子育て万博 2019』(愛知県安城市)を主催。300人を動員。音楽CD『ありがとう』(岡谷柚奈さん)を製作・販売。

同じく2019年、全国でSTR入門講座を開催し、400人が受講。個人セッションとして 100家族以上を相談を行う。また、ご依頼いただき歯科クリニックのコンサルティング及び企業研修を行う。

2020年からは、STRのインストラクターとしての活動をスタートし、基礎講座・応用講座を開催。これまでに門下生55名を育成している。
株式会社ミナクル組織研究所として法人化。