テキトーさも大事です。

遊びをつくる 仕事 テキトー

先生なんて職業になろうという人は真面目な人が多い。

学校教育の中でちゃーんとやってきて、先生って職業に憧れてなっちゃった人、多いもんね。

 

 

むちゃくちゃ殴られて、「学校変えてやる!」みたいな気持ちで学校の先生になる人はたぶん少数派。

 

 

 

で、ふと思い出したのが、教員採用試験のお話。

 

1次試験で、集団面接が行われたんですね。

5人1組。

 

そこでこんな質問をされたの。

 

「あなたが指導できる部活動は何ですか?」

 

僕の前に4人の受験者がいたのね。

 

「僕は野球かサッカーなら」

「私は昔からバスケを」

「音楽が得意でして」

「今は水泳部の外部顧問をしております」

 

 

おや?

 

おやおや?

 

そういうことを聞かれてるのか?

まさか、面接官はあなたが何が得意かを知りたくてその質問をしたと思ってるのか?

 

マジメすぎる。

みんなマジメすぎる。

 

 

と、面接中に思ったの。

あなたが何が得意かなんて、この人たち(←面接官)興味ないと思うよ…。

 

 

で、僕の番になった。

思いつくままに、全部の部活動名を挙げてみた。

バスケ、サッカー、野球、テニス、水泳、…、料理に軽音楽。

 

20個以上挙げてみた。

 

なぜなら!

 

「あなたが指導できる部活動は何ですか?」

 

この質問に隠された質問。

それは「あんたやる気あんの?」なのです。

 

 

ちなみに、たくさんの部活動を挙げた後、こう付け加えた。

 

 

「あっ!でも美術部だけはダメです。絵がすごく下手なんです。あっ!でも、下手でもよろしければ、精一杯やらせていただきます♡」

 

笑いを取ることも忘れない。

 

 

そんなわけで一次試験を無事突破。

一気に2次試験もクリアして、正式採用されました。

 

 

ちなみに、中学国語の採用3人に対して応募者100人。

倍率は33倍。

なかなか狭き門でした。

 

 

しかも、スーツのジャケットを自宅に忘れて、ジャケットなしで面接を受けたけどね…。

テキトーさも必要なのです。

信じるか信じないかは、あなた次第♡

 

 

仕事ってね、張り詰めてやってちゃダメだな〜って思う。

車のハンドルと同じでね。

ちょっとぐらい「遊び」が必要なの。

 

テキトーさも持ってないとね。

 

ハッピーな先生になるためのしつもん

自分の仕事に、どんな遊びをつくりますか?

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。