心も身体も休憩は早めがよろしいなぁ♪

学校に行きたくない

先日、瞑想体験をしてきたんです。

そのときに、お聴きしたお話によれば、人間は25分に一度ぐらい休憩するのがいいらしいそうです。

僕らはどうしても疲れてから休憩をします。

脳や身体が疲れを感じてから休むのです。

 

ですが、それでは遅いのだそうです。

疲労を感じてから休んでいたのでは、回復が遅れます。

25分に一度。

脳や身体が疲れを感じる前に休むのが効率が良いのだそうです。

早め早めに休む。

これ、ポイントなんです。

 

それは、仕事においても同じです。

それは、学校生活においても同じです。

 

脳や身体だけでなく、心をすり減らしている人は多くいます。

すり減らしてすり減らして、最後に心を壊してしまう人もいます。

 

それはとても悲しいことです。

 

心に変調をきたす。

でも、人は我慢するという方法を選びます。

忍耐こそが美しい。

日本には、そんな文化がありますから。

 

その心の疲労は、やがて身体に変調となって表れます。

そうなって初めて休むことを考えます。

 

大人も子供も同じですよね。

学校で、職場で、心をすり減らしている人がたくさんいるのです。

 

疲れを感じてからでは遅いんですね。

なんだか顔色が悪い。

「お腹が痛い」と言う。

 

そんなときは、サインなのです。

無理をして壊れる前に、まず休んでみる。

 

「一度休ませると、そのままずっと休んでしまいそうで怖い」

そんなお話をよくお聴きします。

恐れの気持ちはよくわかります。

 

でもね、無理をして無理をして、壊れてしまう。

壊れてしまったときには、回復することはとても難しくなります。

僕はその方が怖いことだと思うのですが、いかがでしょうか。

 

 

子育てに迷ったときに出会いたい100の言葉

がんばって何とかなることは案外少ないのです。
 
 
くればやし ひろあき

1978年生まれ 名古屋市出身
名古屋市立の中学校と上海日本人学校にて、合計16年間生徒指導に携わってきた人間関係づくりの専門家。
独立後、社会起業家としてクラウドファンディングを行い、愛知県内8会場で映画上映会を主催。『子育て万博 』をプロデュースしてテーマソングCD『ありがとう』や『子どもとつながるしつもんカレンダー』を製作・販売。
全国でセミナーを開催し、年間100家族以上を家族診断。企業コンサルティング及び企業研修を行う。2020年コロナ禍の中、業績を伸ばし続けたことを機に、株式会社ミナクル組織研究所をスタート アップした。