人生を豊かにするお金の話

子どもの発想力

今年は本当にお金と向き合う1年でした。

仕事を辞め、貯金がどんどん減っていくんです。

それは、なかなか心をかきむしられるような経験でした。

 

 

まあ、夫婦揃ってあれだけ海外に出かけ、東京やら大阪に毎月出かければ、交通費や宿泊費だけでも相当なものになります。

僕は今年、19本の飛行機に乗りました。

ワンワールドのサファイアステータスが欲しかったのがその理由です。

僕の中では自己投資です。

 

 

ちなみに国際線は14本で、ビジネスクラスに乗ったのは6本…。

そんなことをしていれば、お金なんてどんどんなくなります。

 

 

「学び」にもお金をたくさん使いました。

それはもうね、妻も僕も鼻血が出そうなほど使いました。

 

 

我が家のキャンピングカーはなかなかの金食い虫でして。

高速道路の料金も高いですし、保険も高い…。

燃費は悪いし、故障もするしね。

 

 

ついでに、子どもも3人いて、これまた金食い虫でございます。

 

 

いや、ピンチの連続でした。(笑)

「預金残高スレスレじゃん!」みたいなことが何度もありました。

 

 

 

そんな僕に、ミヒロさんからのオファー。

今年の夏、沖縄で開催された『しつもんカンファレンス』。

僕はスピーカーとして登壇しました。

 

 

なんとテーマは「お金」。

「豊かさとは?」「お金とは?」という話をしました。

 

 

もう胃が痛くて痛くて。

懇親会では何も食べられない状態に。

 

 

だって、お金のない僕が、お金の話なんてしていいの!って感じです。

『魔法の質問』の方々なんて、お金持ってそうな方ばかりだし。

なんか「俺なんて…」って気持ちになっちゃったんですよね。

 

 

働かなければお金は増えないし、使ったらお金はなくなります。

 

 

当たり前じゃ!!

 

 

 

が、やはり人生は万事塞翁が馬ですね。

これまで蒔いてきた種が、少しずつ実ってきた感じです。

そう、秋ごろからでしょうか。

 

 

少しずつ、様相が変わってきました。

ビジネスが動き出し、また「働きに出していたお金さんたち」がきちんと結果を出すようになってきたんです。

 

 

手元の銀行口座のお金は、どんどんなくなっていきます。

そんなことは、仕事を辞めるときからわかっていました。

 

 

だから、準備をしておいたのです。

「お金」に働いてもらっていました。

つまり、投資です。

 

 

自己投資と同じように、投資もしっかり行ってきました。

「1本の収入の柱を太くするのではなく、1本1本は細くてもいいから複数の収入の柱を持ちなさい」

そうメンターから教わった僕は、贅沢することなくコツコツと「お金さん」の働き口を探していきました。

 

 

種は蒔かなければ花は咲かず、実もつけません。

宝くじがあたった人のほとんどは破産するといいます。

いっとき手に入れた大金で、生活を乱し、後戻りできなくなるのです。

 

 

体験にお金を使い、人と出会うことにお金を使ってきた僕ら夫婦は、お金の使い方もすべて「種蒔き」を意識してきました。

贅沢することなく、そのお金をすべて「種を蒔くこと」に使ってきたのです。 

 

 

心についても学んできた僕ですが、お金についてもたくさん学んできました。

ライフスタイルを変えたければ、お金についての考え方も変える必要があります。

 

 

「仕事が辛いけれど、家族がいるから辞められません」と相談に来られる方がいます。

それは違います。

家族がいるから仕事を辞められないんじゃないのです。

他に収入の柱を作ってこなかったから、仕事を辞められないのです。

 

 

まず学ぶことです。

とにかく学ぶことです。

それはすべて「未来」への種蒔きです。

 

 

公務員の定年が65歳に引き上げられます。

きっと年金だって70歳にならないともらえなくなるのでしょう。

つまり、そこまで働き続けなきゃならないんです。

 

 

たしかに人生100年の時代になりました。

でも、健康的に生きられる寿命って何歳なんだろう?

旅行にも行けて、遊びもバンバンできる年齢って何歳ぐらいまでなんだろう?

 

 

どう生きるか。

どう働くか。

 

 

それを考えたとき、「お金の問題」は切実です。

だから、種を蒔きましょう。

蒔かねば花は咲かないのですから。

 

 

魔法の質問

どんな種を蒔きましたか?

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。