その「当たり前」を疑え!


僕は定期的に海外へ旅立つ。

目的はただ一つ、自分をリセットするためだ。

 

 

日本で暮らしていると、価値観はちゃんと日本仕様に戻っていく。

定期的にアップデートする必要が出るのだ。

 

 

 

たとえば、この国の首相が30代に変わったとしたら、あなたは驚くだろう。

まして、その人が女性だとしたらどうだろう?

 

 

長年、「内閣総理大臣=おじいちゃん」だった僕らからすると、30代の女性首相は驚きに値する。

また、彼女は妊娠しており、お相手とは結婚していない。

 

 

ついでに言うと、このたび産休を取得するため、副首相が代行するのだと言う。

彼女の名は、ジャシンダ・アーダーン。

ニュージーランドの首相である。

 

 

ロンドンでは、17時になると街へ繰り出し、ビールを飲む。

残業はしないらしい。

 

 

仕事が終わらなかったらどうするのか?

明日する!

以上だ。

 

 

ノルウエーに行ったら、低賃金の仕事は他国の人に任せるという。

低賃金といっても、日本人から見れば、かなり高額な収入である。

 

 

だが、この国は物価がバカみたいに高い。

だから、みんな出稼ぎに来て、お金をできるだけ落とさず、バケーションを楽しむらしい。

 

 

ちなみに、ビッグマックセットが1500円の国の話だ。

 

消費税のバカみたいに高い国は、医療費や教育費が無償の国も多い。

再生可能エネルギーだけで稼働している国もある。

 

 

地下鉄だって日本のように改札のある地下鉄もあれば、改札のない国もある。

ポーランドの地下鉄は時間制で20分間と75分間の乗り放題チケットだったりする。

 

 

チップ文化のある国ではクレジットカード決済時にチップも入力する。

レストランじゃロクにメニューも読めないけれど、「どれがオススメ?」と尋ねれば、だいたいその店で一番美味しいものが食べられる。

 

 

世界を旅すると、日本の当たり前は、まったく当たり前ではないことがわかる。

自分が長い年月をかけて培ってきた「常識」は、案外狭い範囲のお話だったりすることに気づく。

 

 

1年間に地球を何周もするビジネスマンのタイチさん。

「それだけ世界中を旅してたら、航空券の予約とかわからなくなりませんか?」と尋ねた。

 

 

次の国に入国するときに、その先の飛行機の予約を入れるらしい。

答えは簡単で、出国用の航空券を持っていないと入国させてもらえないから。

 

 

 

そんな生き方もあるのだ。

 

 

いろんな国を旅する。

いろんな人と旅する。

 

 

そのたびに、僕の価値観はアップデートされていく。

日本のパスポートは世界最強であるのをご存知だろうか?

 

 

ビザなしで入国できる国が最も多いのが日本のパスポートである。

それでいて、パスポートの取得率がとても低いのも日本の特徴である。

 

 

僕らはもっと世界を知る必要がある。

世界を知ると、日本を知らないことに気づく。

 

 

国際理解教育って、結局「日本とは?」を考える教育である。

でも、そういうことって、国内旅行しかしていない教育者には気づきにくい視点だ。

 

 

英語教育に力を入れる前にやらなきゃならないことがあると思う。

 

 

先日、小学校の授業参観に行ったら、英語の先生が一生懸命英語の歌を歌わせていた。

他国がどんな教育をしているか、一度自分の目で確かめた方がいいだろう。

 

 

ハッピーに生きるためのしつもん

自分をリセットできる場所はどこですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。