「世界は一つだ」と子供たちが教えてくれた♬

子どもを海外へ

日本には陸続きの外国がありません。

ですから、身近に外国人を感じることもありません。

 

 

海外を旅すると、誰がその国の人で誰が外国人なのか、一目ではわかりません。

言語の壁がないため、そもそも「どの国の人」という概念すらないような感じがします。

 

 

僕らで言うと、

「僕ら、愛知県民です」

「へ〜。うちら関西人やねん」

みたいな感じです。

 

 

上海で3年間暮らしました。

でも、子どもたちの生活はあまり日本と変わりませんでした。

 

 

よく勘違いされるのですが、日本人学校は日本の小中学校と変わりません。

日本の教科書を使いますし、日本人の先生が授業をします。

多少、国ごとに異なるカリキュラムもありますが、ほぼ変わりません。

 

 

たとえば、上海の場合、現地校との交流があったり中国語や英会話の授業があったり、といった感じです。

ただし、日本のように職場体験みたいなものはありません。

 

 

子どもたちは日本語オンリーで暮らしてきました。

ですから、残念ながら中国語は今も話せません。

 

 

思うに、「その場に身を置く」が大事なのだと思います。

必要に駆られて学ぶ、というのが僕らにはあると思うのです。

 

 

 

いくら「これからは英語よ」と言われても、ほとんどの子どもはピンと来ないのが実情です。

「グローバルだ!なんだ!」と言って不安を煽ってもね、仕方がないのです。

 

 

親がいくら娘に「早く結婚しなさい」と言っても、娘は焦りません。

娘が焦るのは「友人の結婚式」だけ。

そのたびに、結婚に対するモチベーションは上がります。

 

 

なんか、変な例え話ですが。

「必要に駆られる」って重要です。

 

 

身近に外国人がいないのです。

街中で見かけるのは中国人ですし。

「英語!英語!」と言われてもピンと来ない。

これって、仕方のないことだと思います。

 

 

 

今、来ているプーケットのリゾートには、様々な国の子供たちがバカンスに訪れています。

子供たちというのは、言語が伝わらずとも友達になれてしまいます。

 

 

もちろん、一緒に過ごすうちに「もっと相手のことを理解したい」という思いが湧き上がってくることでしょう。

そうやって「コミュニケーション」に対するモチベーションが上がったときに、自らの意思でもって学べば良いのです。

 

 

子供たちを見ていると、世界は一つだと感じます。

大人たちは国と国を分断し、そこに物理的な境界線と心理的な境界線を設けます。

あの人たちは何人(ナニジン)で、この人たちは何人(ナニジン)と。

 

 

でも、子供たちにはそれはありません。

「Where do you from?」とは聞いているけれど(笑)

 

 

 

ノリは

「私たち、セントレアから来たよ」

「僕らは関空さ」

みたいな感じ。

 

 

同じ地球人。

ただ生まれた場所が違うだけ。

暮らす場所が異なるだけ。

 

 

そんなノリですね。

 

大人はもっと子どもから学んだ方がいい。

そんなことを感じました。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。