本当は学校を作りたいわけではないのかもしれない。


こんな学校を作りたい

僕が学校を作るなら営業時間は10時から15時くらいがいいなぁ。

先生には駅で待っていてもらって、子どもたちといっしょに登校してもらえたらいい。

帰りも15時になったらいっしょに帰ってもらえばいい。

実働5時間。

そのぐらいでちょうどいい。

 

 

会議なんてやらない。

チャットワークで十分だし。

夜にZOOMでもやればいい。

 

 

テストなんかやらないし、

評価もしない。

学校だよりはメールで配信するから印刷もしない。

 

 

先生の仕事は徹底的に削る。

先に決めるべきは「何をやるか」ではなく「何をやらないか」だと思う。

 

 

保護者との情報交換はフェイスブックグループでやろうか。

保護者同士の交流をZOOMでやればいいなぁ。

 

 

あらゆるものを駆使し、みんなで子育てをする。

そんな環境も準備できると思う。

 

 

 

時間と場所にはできるだけ縛られてほしくない。

そしたら、きっとたくさんの「お母さん先生」が活躍できるはずだ。

 

 

目の前の子どものためにだけエネルギーを注ぐ

先生には全エネルギーを子どもたちに注いでほしい。

学校行事とか会計とか書類の整理とか、そういうことには一切心を傾けず、ただ目の前にいる子どもたちの幸せだけを考えてもらいたいんだ。

 

 

 

幼児から児童生徒、高校生まで幅広い年齢層の子供が通うといい。

 

 

小学生の子どもを持つお母さんが保育士資格を持っているとする。

幼児の子どもを持つお母さんが教員資格を持っているとする。

 

 

そんなお母さんが先生に加わったら最高だよね、って思う。

自分の子どもといっしょにスクールに来て、仕事として他の子どもと過ごし、我が子といっしょにまた帰ればいい。

 

 

「育休」ではなく「育働」ができるね。

僕は「お母さん」に活躍してもらいたいんだ。

 

 

「学校現場」にいて気づいた。

やっぱ、お母さんの気持ちに寄り添えるのは「お母さん先生」なんだよね。

 

 

でも、圧倒的に少ないよ、お母さんで先生ってのはさ。

子育てしながら働くのは大変だよ、今の学校現場は。

 

 

教育は「人」なり

僕は「教育」は「人」だと思っている。

「子どもたち」の力を信じているのと同じぐらい、

「先生たち」の力も信じている。

 

 

もしかしたら、

僕は「学校」を作りたいわけではなく、

「先生たち」が働きやすい「場所」を作りたいのかもしれない。

 

 

素敵な先生を集めれば、素敵な学校ができあがる。

そして、だれもが素敵な先生になる可能性を秘めている。

 

 

僕だって、昔はどうしようもない先生だった。

力づくで指導する、怒鳴ってばかりの先生だった。

 

 

いろんな出来事が僕を変えてくれたんだ。

だから、一人としてダメな先生なんていない。

 

 

でも、今の学校には素敵な先生を育てる能力がない。

朝から晩まで仕事に追われ、ロクな研修もせず、仕事ができる人間をどんどん潰していく。

 

 

ゆとり教育の中で、ゆとりのない先生を生み出し、働き方は変えずに授業数増にシフトチェンジした。

そういう中で、そのポテンシャルを発揮することは難しい。

 

 

まして、批判ばかりの世の中。

先生たちはミスのないように、世間に叩かれぬように、最低限度の無難な教育活動をチョイスするようになる。

 

 

目の前の子どもではなく、世間を見て、もしくは保護者の顔色を見て、教育活動を進めることになる。

 

 

目の前の子どもを見ずして、教育活動など成立しない。

 

 

発達に凸凹のある子どもを無理やり枠に収めようとして、バトルを繰り返す先生を見ると、いたたまれなくなる。

だが、彼らが悪いわけではない。

 

 

知らないのだ。

もしくは、怖いのだ。

 

 

「ちゃんとやらせなければならない」

そんな呪縛に縛られているだけなのだ。 

 

 

 

解いてあげたら、もっと輝ける先生がいるはずだ。

僕はまだまだ「既存」の学校も捨てたもんじゃないと思ってる。

 

 

だから、「学校を作りたい」と思ってる反面、「それは僕のなすべきことだろうか?」という問いと直面しているわけだ。

 

 

 

批判からは何も生まれない。

子どもだって、先生だって、だれもが初めは1年生。

あたたかく見守るから育つのだ。

 

 

「学校を作りたい」という話は、「素敵な先生を増やしたい」と同義なのかもしれない。

だから、こうして僕は毎朝、文章を書き続けている。

 

 

魔法の質問

 お金を払ってでもやりたいことは何ですか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。