子どもの心配をしてる場合か?

人工知能と母と子と

たくさんの仕事が人工知能に奪われる、

と言われている。

 

 

今後さまざまな職業がなくなる、

と言われている。

 

 

だから、子どもに「こんな力をつけよう」「あんな力をつけよう」と、やたら大人はうるさい。

子どもの目線で見返したら、けっこう迷惑な話だと思うよ。

 

 

 

さてさて。

 

 

まだ人工知能って存在しないらしい。

ちゃんとした人工知能はまだ存在しないんだって。

 

 

でもさ、すでに仕事は機械に奪われつつあるよね。

「人工知能、人工知能」ってうるさいけどさ、そんなもんなくたってすでに仕事、奪われ始めてんだよね。

 

 

英国を旅していたら、ほとんどの見学地が音声ガイドの貸し出しを行っていた。

「日本語」を選択すれば、ちゃんと日本語でガイドをしてくれた。

 

 

みんなヘッドフォンをしているから、会場はとても静かだ。

見たい場所に行き、画面をタッチすれば、音声でガイドしてくれる。

 

 

ちゃんと出口付近では、お土産屋さんのインフォメーションまでしてくれる。

クロージングも完璧だ。

 

 

レジはどんどん自動化されている。

ほとんどのことはスマホで解決される。

 

 

ロンドンにはそこかしこに、赤い公衆電話ボックスが設置されている。

誰もがスマホを持っている今、それはただのフォトスポットと化していた。

 

 

 

この流れって、ほんの10年ぐらいの話だ。

人工知能、人工知能とやたらうるさいけれど、すでに人間の仕事は人間以外の手にどんどん渡っている。

 

 

つまり、あと10年後には僕らが想像すらしない時代がやってくることは容易に想像がつくのだ。

10年後って何歳だ?

 

 

俺、まだ50歳だよ。

あなたは何歳?

 

 

70歳まで現役を続けることが当たり前の時代だよ。

子どもの心配をしてる場合じゃないよね。

まず、自分の心配をしろよ、って話なんだよね。

 

 

僕ね、若い子たちには何の心配もしていない。

ちゃんと時代に順応できるから。

 

 

デジタルネイティブである彼らは、生まれたときからネットとともに生きてきた。

次から次へと生まれてくるガジェットを使いこなし、システムを素早く理解し、自分自身をアップデートすることに長けている。

 

 

一方、アラフォーやアラフィフは、アップデートが異常に遅い。

電話回線の時代のネットのように重いのだ。

 

 

SNSを眺めていると、それがよくわかる。

2年前、3年前に言われていたマーケティングの手法を未だにやっている。

そして、結果が出ない(笑)

そりゃそうだろうね…と思うのだけど。

 

 

 

子どもの将来を心配する前に、自分の将来を心配する方が先である。

そして、その備えができている人は気づくのだ。

自分だって備えができたのだから、この子だって大丈夫だ!と。

 

 

 

つまりね、子どもを過剰に心配する心は、自分自身を安心できる状況に置いていないことに起因している。

そんなわけで、変えられるのは自分だけ。

まずは、時代に合わせて自分自身をアップデートしてみよう。

 

 

子育てに迷ったときに出会いたい100の言葉

 どのように10年後に備えますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者500人超のワークショップ『子どもとつながる問いかけの魔法塾』を全国で開催。この夏クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。3児の父でもある。