日本vsポーランドの楽しみ方


ワールドカップ予選、

日本代表の戦い方に賛否両論が巻き起こっている。

 

 

ポーランドが1点リードで迎えた終盤戦。

日本代表は負けているにも関わらず、攻撃をしようとはしなかった。

 

 

ボール回しに終始したその姿勢を問う声は多い。

 

 

同じリーグのセネガルvsコロンビアの試合。

勝ち点で並ぶセネガルも1点のビハインド。

 

 

勝ち点も得失点差も同じだった場合、

イエローカードの数で順位が決する。

 

 

そこで、日本代表は不用意なイエローカードをもらうことのないように、ボール回しに終始したわけだ。

 

 

それを見ていた人は「つまらない試合だった」と口々に言った。

終了間際の10分間、確かに「戦っている」とは言えない状況だった。

現地で見ていた人が「ブーイング」するのもわかる気がする。

お金を払って見にいったのだから、怒るのも無理はない。

 

 

ちなみに、テレビ観戦の我が家は家族でエキサイティングな試合を見て興奮していた。

 

 

長谷部が投入された時点で、我が家のテレビは「セネガルvsコロンビア」に切り替わっていた。

この試合、セネガルの猛攻はなかなか熱かった。

 

 

どうせ、パス回しして時間を稼ぐことは目に見えている。

交代のカードがボランチの長谷部である以上、西野監督のメッセージは明らかである。

 

 

ってなると、「日本vsポーランド」の得点は動かないことがわかる。

さあ、あとはコロンビアが1点のリードを守るだけである。

 

 

この試合、面白かったよ。

けっこうハラハラした。

 

 

テレビ中継を見てて怒ってる人を見ると思うんだよね。

リモコンあるんじゃん?

NHKに変えたら、良かったんだよ。

 

 

「セネガルvsコロンビア」のプレーが切れるたびに、「日本vsポーランド」の得点だけ見るためにチャンネルを変えてた。

こんな便利な世の中なのに、ず〜っと日本代表の試合を眺めていたら、そりゃ楽しくないよね。

 

 

結局、日本代表は主力をしっかり温存できたし、体力的に一番苦しいラスト10分をのんびり過ごせたわけだし。

 

 

ワールドカップが始まる前は予選3連敗もあり得るとまで言われた日本代表が予選を通過しただけでもすごいじゃん!

「本田はダメ!本田はダメ!」と言っていた人たちも、セネガル戦での同点ゴールで手の平ころっと返しちゃったし。

「川島はダメ!川島はダメ!」と言っていた人たちも、ポーランド戦での神がかり的なセービングで手の平ころっと返しちゃったし。

 

 

ポーランドなんてFIFAランキング8位でしょ。

すげ〜強いじゃん。

妥当な戦い方で予選突破したでしょ。

 

 

アジアで唯一の予選突破。

すごいじゃん!

おめでとう!ってならないのが、今の日本ね。

 

 

とりあえず批判せずにはいられないのね。

素直に「おめでとう」って言ってあげればいいのにね。

 

 

次のベルギー戦も楽しみ。

戦い方がどうとか、スタメンがどうとか、そういうことはセルジオ越後さんに任せておけばいいじゃん。

 

 

もっと楽しもうよ。

議論したって、日本代表のスタッフじゃないんだから、意味なくない?

 

 

イェ〜イ!予選突破ーーっ!でいいじゃん?

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。