「かわいそうな私」を演じたいあなたへ

子育ての悩み

 

周りの人は私を理解してくれない。

みんなは私の話を聞いてくれない。

子どもが言うことを聞いてくれない。

旦那は私をねぎらってくれない。

 

 

「くれない」ばかりの「くれない族」。

「かわいそうな私」を一生懸命演じてみせる。

 

 

SNSに「かわいそうな私」を表現する。

すると、みんなが餌をばらまいてくれる。

 

「かわいそうね」

「大丈夫よ」

「私は味方よ」

 

そんな「餌」をパクパク食べる。

食べてる間、「私」は幸せ。

食べ終わったら、また不幸せ。

 

 

「餌」は誰かが運んでくるもの。

でも、誰も運んできてくれないから悲しくなる。

いや、悲しいふりをする。

「みんな、ひどい!」と心の中で叫んでる。

 

 

そう、あなたは「かまってちゃん」。

 

 

他者に認められないと、自分を満たすことができない。

だから、「かわいそうな私」を演じ続けなきゃいけない。

 

 

中心でいたい。

注目されたい。

いつも「ちょうだい、ちょうだい」と叫んでいる。

 

 

みんながうらやましくて仕方がない。

他の人が優れてみえる。

 

 

比べて比べて、苦しくなる。

妬み、恨み。

 

 

楽しそうにしているあの人が嫌い。

だって、私にないものを持ってるんだもん。

 

 

だから、今日も「かわいそうな私」を演じる。

 

 

ところが、「かわいそう私」を演じるあなたと一緒にいると、周囲の人はどっと疲れる。

エネルギーを奪われるから。

 

 

そうして、周囲から人が離れていく。

そんな経験を幾度もあなたはしてきたはずだ。

それなのに、それなのに。

 

 

あなたは、自分を満たす方法を知らないから、再び「かわいそうな私」を演じ始める。

愛された経験が乏しいから、愛され方を知らない。

「かわいそうな私」を演じることで、「愛される」を疑似体験している。

 

 

もっと話を聞いてもらいたい。

もっと私を理解してほしい。

 

 

もらうばかり。

もらおうとするばかり。

だから、人が離れていく。

 

 

この世界はエネルギー交換。

与えた分だけ、受け取ることができる世界。

 

 

けれど、あなたは受け取るだけ。

それも、「足りない、足りない」と言いながら、受け取るだけ。

 

 

「私、こんなにがんばってるの」を精一杯アピールする。

「かわいそうな私」を演じてみる。

 

 

悪いのは、みんな。

かわいそうなのは私。

 

 

共感してよ。

ねえ、共感してよ、って叫んでみせる。

 

 

心が枯渇し、飢えている。

だから、奪う。

他者のエネルギーを吸い尽くさないと生きていけないから。

 

 

そんなあなたに必要なこと。

それはただひとつ。

そんな自分を受け入れること。

 

 

「かわいそうな私」を演じる自分を心から受け入れること。

あなた自身があなたを受け入れていないから苦しいのだよ。

 

 

私、本当はこんなんじゃない!

私はもっとできるはず!

私はもっと素晴らしいの!

私はもっと賞賛に値する人間!

私はもっと有名になれる!

私は…、私は…。

 

 

あなたが「今のあなた」を受け入れていないのだから、他者があなたを受け入れることもないのだよ。

自分の一番の味方は自分だよ。

その自分が、「今のあなた」を受け入れてないんだもん。

 

 

「かわいそうな私」を演じているけれど、演じるまでもなく今あなたは本当にかわいそうな状態なの。

 

 

今あるものに目を向けようよ。

目の前にいる人の幸せを考えようよ。

 

 

外ばかり見ているよ。

もっと内側に目を向けてごらん。

家族を幸せにできてる?

子どもたちを幸せにできてる?

 

 

他の人の活躍がうらやましく見えるよね。

他の人が楽しそうにやっているのがうらやましく見えるのよね。

それが外ばかり見ているということ。

 

 

無理しなくたっていいじゃん。

等身大の自分を愛せばいいじゃん。

 

 

今の自分を愛せない人に、他者を幸せになどできるはずがないさ。

外ばかり見ているよ。

見つめるべきは自分の内側だよ。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 家族の笑顔を生み出せていますか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。