学校では教えてくれない大切なこと


大切なことは、一人ひとり違います。

だから、「学校が教えてくれない」と思っているうちは、人生で大切なことに気づけません。

 

 

大切なことは、あなたがつかみとるものなのです。

 

 

人間の成長には順序があります。

まず「根っこ」。

家族との深い関わりで、根拠のない自信を育てておく。

 

 

次に、「幹」。

幼少期の豊かな遊びが規範意識を培い、社会との関わりを深めます。

 

 

それから、「枝葉」。

自分の「好きで得意」をどんどん伸ばしていけばいい。

 

 

大切なことは「順序」。

早期教育、早期教育って言って、小さな頃からアレもコレもやらせる。

それで、子どもはいっぱいいっぱいになる。

それは「枝葉」の部分。

 

 

「根っこ」も「幹」も育てぬうちに、「枝葉」ばかりを気にする。

それで、子どもは苦しくなる。

 

 

「根っこ」とは「根拠のない自信」。

「私は私でいいんだ!」という「根拠のない自信」。

 

 

でもね、思春期の子どもたちの多くは「根拠のある自信」しか持てないでいる。

人よりどれだけ秀でているか、比べることしかできずにいる。

 

 

「根拠のある自信」ってモロい。

より優れた人に出会えば、崩れてしまうような自信だから。

 

 

必死に勉強して、勉強して。

でも、もっと成績が上の人がいてね。

 

 

スポーツだって、がんばってがんばって。

それでもレギュラーになれなくて。

 

 

みんな苦しくなっちゃうんだな。

 

 

だから、まず「根っこ」。

「私は私でいいんだ」という「根拠のない自信」を育てる。

これが大切。

 

 

そういう「根っこ」の上に、太い「幹」が育つの。

 

 

でね、学校ではたくさんのコンテンツに出会うわけ。

教科だけでなく、部活動や委員会活動、学校行事なんかもある。

とにかく多様だよね。

 

 

その中から、自分の「好きで得意」を見つけていく。

思春期になると、客観的に自分を眺められるようになる。

容姿を気にし出すのも、そのせいだよね。

 

 

自分は何が好きか。

自分は何が得意か。

それは自分の中の基準。

仲間との語らいの中でそれを見つけていく。

「比べる」ってのは、本来そのためにある。

 

 

それは「根拠のない自信」があるからできること。

「根拠のある自信」しか持てない子どもは「優劣」でしか考えられない。

 

 

学校では教えてくれない大切なこと。

そもそも、大切なことは教えてくれないよ。

大切なことは、自分で学ぶんだ。

いやいや、自分で見つけるんだ。

 

 

学校には、たくさんの「大切なこと」が転がっている。

でも、どれがあなたにとって大切かは、あなたが見つけるしかない。

 

 

「教えてくれない」という受け身の姿勢が、人生をつまらなくさせる。

すべては選択。

何を選ぶかは、あなたの自由だよ。

 

 

みんな、成績ばかり気にするでしょう?

点数がどうの。

通知表がどうの。

 

 

でもね、あんなものはあなたのある一面を数値化したに過ぎないの。

そんなものに一喜一憂してしまう。

でもね、テストの点数であなたの価値は決まらないよ。

 

 

枝葉にどんな花を咲かせようか。

大切なことはあなたの中にある。

何を選んでもいい。

コロコロ変わったっていい。

学ぶ場所は学校だけじゃない。

 

 

人生は遊び場であり学び場さ。

自分だけの「大切なこと」を探す旅でもあるな。

 

 

僕はね、子どもたちに「大好きだ、大好きだ」って伝えてる。

「きっとあなたは大丈夫!」と伝えている。

それだけでいい。

 

 

もちろん、お父さんお母さんは今からでも遅くない。

どんどん「根っこ」を育てよう。

 

 

保護者は保護する人。

すぐに大人は「教育者」をやりたがる。

「しつけ」と称して教育したがる。

 

 

でもね、まず「根っこ」なの。

やり直しはいつからでもOKだよ。

大人だって、「根っこ」の育ってない人はいっぱいいる。

 

 

未だに「自分探し」をしてる人、たくさんいるよ。

自分なんて探さなくても、そこにいるじゃん!

「根拠のない自信」がないと、「根拠のある自信」を求めて「自分探し」をしちゃう。

 

 

あのね。

まず、「根っこ」なの。

あなたはあなたでいいの。

私以外私じゃないの♡

 

 

「幹」や「枝葉」は目で見える。

だから、手を入れやすいんだな。

 

 

でもね、「根っこ」は見えないでしょう?

大切なことはいつだって見えないところにある。

そして、「根っこ」の浅い樹木は、突風で倒れるの。

 

 

「根っこ」が育たぬまま、「枝葉」を茂らせようとする。

だから、今の子どもたちは倒れやすいんだよ。

大人もな。

 

 

あなたはあなたでいい。

環境に反応して生きるのではなく、自分からこの世界に働きかけよう。

何を選ぶのも自由だ。

あなたが選ぶのだ。

感情も行動も選択できるんだ。

 

 

そして、それができるのは「根っこ」が育ってるから。

主体的に生きるってそういうこと。

人生は楽しむためにあるんだぜ!

 

 

これ、僕が学校で子どもたちに一番伝えたかったことだな。

もっと遊ぼうぜ!もっと楽しもうぜ!って。

なんだ、大切なこと、教えてたじゃん(笑)

 

 

「しつもんカンファレンス2018」。

今年、僕に与えられたテーマは「学校では教えてくれない大切なこと」。

 

 

登壇する直前に読み返そう。

これ、僕の備忘録(笑)

さあ、楽しむぞ!

 

 

魔法の質問

目の前の人を幸せにするために何ができるだろう?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。