今、本当に大切にしたいことを大切にする生き方を。


 

ある幼稚園児のママの物語です。

ある日、ママ友とカラオケに行くことになりました。

 

 

幼稚園児ですから、マイクの取り合いになります。

カラオケ慣れした子はうまく歌えますが、

上手に歌えない子だっています。

 

 

マイクを持てば「あー、あー」って声を出したくなるもの。

だって、子どもですから。

 

 

それでね、我が子がマイクを独占しちゃったり、「あーあー」と声を出したりする。

当然、気持ちよく歌っている人からすると気分を害する行動です。

 

 

それで、ママはほどほどに我が子を制するわけですが、あまり気持ちの良いものではありません。

周囲の人の中には、あからさまに怪訝な表情を浮かべる人もいます。

 

 

それでママは苦しくなっちゃった。

みんなと仲良くするためには、注意しなきゃいけない。

でも、わざわざお金を払ってカラオケに来て、注意なんてしたくない!

 

 

あー、

私も子どもも、

ただ楽しみたいだけなのにな。

 

 

空気を読めば、つまりは「正解・不正解」を頭で考えれば、その場を我慢してやり過ごすのが正解かもしれません。

 

 

でもね、ママは違いました。

 

 

今ここ。

 

 

自分の気持ちを感じたんです。

 

 

私、ホントはどうしたいんだろう?って。

本当にこういう時間を過ごしたいのかな?

 

 

その瞬間、心は教えてくれます。

 

 

 

その日は秋晴れのとても気持ちのいい日でした。

薄暗いカラオケルームで我慢して過ごすこと。

それは、今日の私の気持ちに合わなかった。

 

 

「帰ろっか?」

 

そう尋ねると、子どもはうれしそうに微笑みました。

 

 

「僕ね、公園で自転車に乗りたいんだ」

 

そうつぶやく我が子といっしょに、ママは公園に向かいました。

芝生に腰を下ろし、足を伸ばす。

そうして、我が子の嬉々とした姿を眺める。

見上げれば青い空。

 

 

大切にしたいことを大切にするだけで、心は軽くなる。

感じるってそういうことなのです。

 

 

みんな、頭で考えすぎる。

正しいか、正しくないか。

そんなことばかり気にしすぎる。

 

 

でもね、感じることが大切なんです。

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。