なぜ僕らには想像力が必要なのか。


生き物の中で、怪我や病を治したいと思うのは、人間だけらしい。

「えっ?温泉に入ってるお猿さんは?」と思ったあなた。

あれはね、意識して病を治したいと思っているわけではない。

心地よくて入っているだけなのだ。

 

 

まあ、そんなわけで、意識的に怪我や病気を治したいと思うのは人間だけなのだ。

んじゃ、他の動物はどうか。

 

 

それを受け入れて暮らしている。

「そんなの薬がないし、医者がいないからじゃん!」と思ったあなた。

そうではない。

 

 

人は病気になると落ち込む。

怪我をして、片手でも失った日には凹みまくる。

 

 

ところが、動物にはそれがないらしい。

ただ、それを受け止める。

そして、また日々の暮らしに戻る。

 

 

いっとき、バカな人間のせいで、矢が突き刺さった鴨、「矢ガモ」がいたっけ。

あの鴨だってそう。

落ち込んだ素振りも見せない。

 

 

なんとかして、矢を抜こうと、周りの動物が協力することもない。

自然界は、そのまま受け入れることで成立しているのだよ。

 

 

「今、ここ」

この瞬間を生きるだけ。

過去も未来もないんだ。

 

 

では、なぜ人間は怪我や病を治そうとするのだろうか。

今日はそんなお話をしようと思う。

 

 

西洋医学の行き届かない、いわゆる原住民の村にも医者はいる。

いわゆる呪術者のような者だ。

つまり、人間の世界では、「病や怪我」という悪い状態から良い状態にするという考え方は、共通の認識であることがわかる。

 

 

人間は「目標を持てる生き物」だと言われている。

「目標」を持つには、想像力が欠かせない。

「病になる前の自分」「病の自分」「病が治った自分」をイメージできるから、治った状態にしようとする。

 

 

 

そう、想像力。

これが、僕らを人間たらしめているのだ。

 

 

未来が想像できるから、それに向けて行動できる。

未来が想像できないものは生きることをやめてしまう。

 

 

これは、あらゆる動物の中で人間だけがその機能を備えています。

想像力のない人間は人間ではないのですな。

 

 

人類の起源はアフリカだと言われています。

そこから、僕らのご先祖様は爆発的に広がり、地球上のあらゆる場所に分布しました。

 

 

これはとても不思議なことです。

そういう動物は、世界中を探してもいないのです。

 

 

動物は基本的に生まれた場所で成長し、その一生を閉じます。

人間だけが住環境を移し、そこに適応して生きることができます。

 

 

私たちは、想像力をもった生き物です。

未来を想像し、そこに向けて適切なアクションを起こすことができます。

 

 

住み慣れた地域の餌の供給量が需要量に追いつかなくなると、移住するわけです。 

そして、その環境に適応します。

 

 

それができるのも、想像力があるからです。

他の動物の場合、餌の需要と供給のバランスが合わなくなると、どうなるでしょうか。

答えは簡単です。

「奪い合う」のです。

それは、動物界が「勝ち負けの論理」で成り立っているからです。

 

 

一方、人間は違います。

「負けない論理」で成立しています。

互いが共存する方法を探します。

優れた知性とはそういうものです。

 

 

そして、それができるのは、高い共感力と想像力のおかげなのですね。

こうして、僕らは地球上のあらゆる場所で暮らし始めたわけです。

 

 

怪我や病を治すこともできます。

それは、未来を創造できる能力があるからです。

 

 

一方、獣化した現代社会では、想像力の欠如した短絡的な事件を目にせぬ日はありません。

人間が人間として生きるための、自然な姿を忘れずに生きていきたいものですね。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

それは自然ですか?不自然ですか?

 

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。