「なぜ人は争うのか」を考える。

お父さんと子育て

狩猟採集民の研究者であるコリン・ターンブルは、

「狩猟は攻撃性を高めるために行われるものではない」

と主張しています。

 

 

森の狩猟民であるピグミーは、1対の夫婦で家族生活を営み、食物の分配を徹底させ、争いを抑止する社会性を発達させてきました。

カラハリ砂漠でブッシュマンを調査したエリザベス・トーマスによれば、彼らは権威が表面化する行動を避け、争いごとが起きないようにしていたそうなのです。

 

 

その後の研究でも、人類が武器を作り始めたのは、比較的新しい出来事であることがわかっています。

 

 

石器として見つかった最古のものは、エチオピアで見つかった260年前の石器です。

この石器は武器として使われたものではありません。

肉食動物が食べ残した肉を骨から剥がすために使われたようです。

 

 

最古の狩猟具として残っているのは、ドイツのシェーニンゲンで40万年前の地層から見つかった木製の槍です。

長さは2〜3メートルですが、先を尖らせただけで殺傷能力はありません。

おそらく獲物を押さえるために使われたものと思われます。

 

 

実は、集団間の戦争のはっきりした証拠は、1万1千年前に農耕が登場するまで見つかっていないのです。

 

僕らは、「所有する」ということを豊さの象徴にしてきました。

土地を所有する。

物を所有する。

人を所有する。

権利を所有する。

 

 

「何か」を「我が物」にしたとき、人は争うことを覚えたわけです。

 

 

ただし、狩猟採集民の社会でも争いごとはありました。

妻が別の男性に寝取られたといって争いになる。

これもまた、「所有」が争いの種になることがわかります。

 

 

現代社会でも、争いごとは「所有」を巡って起こります。

政界の覇権争い。

裁判所では権利を争い、「正しいか正しくないか」を争います。

学校においては、学習成績や合否を争います。

 

 

現代社会は「競争社会」です。

上位者が下位者を淘汰する「弱肉強食」の世界です。

僕はこれを「お猿さんの世界」と呼んでいます。

「勝ち負けの論理」で成り立つ獣化した社会です。

 

 

一方、本来の人間社会は「負けない論理」で成り立っています。

共存共栄、持ちつ持たれつ。

これこそが「人間らしい関わり方」なのですね。

 

 

お散歩がてら通りかかったお寺の掲示板に、こんな言葉を見つけました。

 

「奪い合えば足りず、

 分け合えば余る」

 

なるほどな、と思いました。

 

 

我が家には、3人の子どもたちがいます。

おやつを分け合うことがなかなかできません。

ゲームの順番を譲り合うこともできません。

そんな姿を見ながら思うわけです。

 

 

「自分のものだ」という所有欲が人を争いへと誘います。

人間を獣化させます。

 

 

本当はね、「分かち合う」ということが大切なのです。

そのような精神性が人間らしい自然な在り方なのだと思いました。

 

 

あなたに贈る魔法の質問

 何を分かち合いますか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。