ハッピーに生きるための5粒のグリーンピース

ジャンプする子どもの写真

あるお母さんのお話。

せっかく一生懸命作った夕食。

旦那さんが残したらしい。

 

 

グリーンピースの炊き込みご飯。

お茶碗の中には、5粒のグリーンピース。

 

 

いつも子どもたちに

「好き嫌いするなよ〜」

「食べ残しするなよ〜」

って言うクセに。

 

 

旦那さんのお茶碗には5粒のグリーンピースが残されていたの。

 

 

昔なら怒ってた。

せっかく作ったのに、なんなのよ!

子どもには「残すな!」って言うクセになんなのよ!

そうやって怒ってた。

 

 

でも、今は違う。

「その感情を選んでいるのは、誰ですか?」

そう僕に「しつもん」される。

 

 

だから、そのお母さんは自分で感情を選んだ。

昔の自分なら、きっと怒ってた。

きっとイライラしてた。

 

 

「怒り」という感情を選択していたんだ。

一つ俯瞰して事実を眺めてみた。

 

 

お茶碗の中にある5粒のグリーンピース。

ただ、そこにあるだけのグリーンピース。

 

 

「事実は何?」

そう尋ねられたら、答えはシンプル。

「5粒のグリーンピースがお茶碗にある」

  

ただ、それだけ。

 

 

それを見て、「怒り」を選択する私。

あぁ、怒るのも馬鹿らしい。

エネルギーの無駄遣い。

 

 

そう考えたら、楽しくなった。

ウチの旦那、子どもみたい。

子どもたちより子どもみたい。

 

 

グリーンピースも食べられない子どもみたいな旦那様♡

そう思えば愛おしい。

 

 

「怒り」を選ぶのも自分。

「愛おしさ」を選ぶのも自分。

 

 

この世界を創造しているのは自分なんだ。

事実は同じでも見え方は違う。

 

 

僕らはこの世界を「自分」というフィルターを通して眺めている。

「怒り」のフィルターを選ぶこともできるし。

「愛」のフィルターを選ぶこともできるし。

 

 

そう。

この世界は自由自在だよ。

 

 

魔法の質問

 それを選んでいるのは誰ですか?

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。