子どもにイライラするあなたへ

赤ちゃんの笑顔

怒りをコントロールする。

そのためには、まず6秒我慢する。
そんな話を聞いた。
いわゆる「アンガーマネジメント」というやつだ。
 
でも、ちょっと僕は違和感を感じるんだ。
なぜって?
 
僕は昔、中国は上海で暮らしていた。
街を歩けばそこかしこでいざこざを目にする。
 
 
罵声をぶつけ合う男性。
涙を流して地団駄を踏む女性。
「自分を生きる」といえば聞こえはいいけれど。
 
 
ストレートに自分を表現する。
いや、表現できる。
そんなところが彼らにはある。
 
 
自己表現をストレートにする国民性がある。
そういう国では、6秒我慢することはとても有効かもしれない。
 
 
けれど、日本人はどうだろう?
6秒どころか、その怒りを家まで持ち帰り、布団に入ってからもイライラし、モヤモヤする。
 
 
感情に蓋をするのが得意なのだ。
なぜ、子どもや旦那にだけは「怒り」を表現できるのか。
表現してしまうのは。
 
 
それは受け止めてくれるからだ。
まあ、正確には「受け止めている」わけではないんだけど。
 
 
「怒り」の裏側には、自分の本当の気持ちが隠されている。
そこに目を向けたい。
 
 
自分のことすらわかっていないくせに、他者を理解したつもりになる。
人間って傲慢だよ。
 
 
僕らは「行動」と「感情」を選ぶことができる。
何かにイライラしたとき、そのイライラは自分で選んだ「感情」だと捉えたい。
 
 
では、なぜ「怒り」を選んだのだろう?
そこには、自分を守るための「何か」があるはずなのだ。
 
  
子どもが「学校に行かない!」と言う。
その言葉に「怒り」を感じたとする。
 
 
子どもの言葉に反応した自分。
守りたいものは何だろう?
 
 
自分の時間がなくなる?
ダメな母親だと思われる?
義父母や旦那さんに責められる?
 
そういう自分と向き合ってみる。
どこまで行っても自分なのだ。
 
 
僕らは感情に蓋をすることに慣れてしまった。
それと同時に、子どもには感情をぶつけてしまったりする。
 
 
それは依存。
それは傲慢。
 
 
我慢よりも俯瞰。
まず、自分の感情と対話する。
そこから始めてみるといい。
くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。