学校に行けないんじゃねぇ!行かないんだよ!


もうすぐ結婚式だというのに、娘がエステに行かない。

それで、あなたはイライラしている。

キレイな姿で結婚式に行ってほしいから。

あなたは娘に、エステに行きなさい!と言う。

 

 

でも、娘はエステに行きたくないと言うのね。

行きたくないエステにあなたは、何としても娘にエステに行かせたいわけよ。

 

 

それで、エステの方からも電話がかかってくるわけね。

「お母さん、もうすぐ結婚式でしょ?エステに通ってくださいね」って。

 

 

「他の花嫁さんはみんなエステに通ってますよ。そこはお母さんががんばらないと立派なお嫁さんになれませんよ」って。

 

 

それで、娘と母は喧嘩になる。

「もう、私、結婚しないから!」とか言い出す。

困っちゃうよね。

 

 

この話だけ聞くとさ、「お母さん、バカじゃないの?」って思わない?

エステに行ったってブスはブスだし、美人は美人。

対して変わりゃしないわよ。

 

 

 

「そんなことに一生懸命になってどうすんのよ!」って思うでしょ?

 

それなのにさ、この「エステ」が「学校」だと全然見え方が変わるわけね。

「学校とエステは違うだろ?」って。

おいおい!じゃあ、説明してみろよ。

どう違うの?

対して変わらね〜〜よ。

 

 

エステ行ったからってキレイになるわけじゃね〜し、行かなくたって乃木坂46のメンバーはみんなキレイだからな。

学校だって同じだよ。

 

 

行って幸せになるヤツもいるし、行かなくて幸せになるヤツもいる。

行って不幸になるヤツもいるし、行かなくて不幸になるヤツもいる。

 

 

まあ、つまりさ、学校なんて人間の幸不幸には何ら影響を及ぼさないわけ。

学校行ったら幸せになれんの?

 

 

言っとくけど、学校に行って死んだヤツはいるけど、学校に行かなくて死んだヤツはいないからね。

学校なんて、その程度のもので、行きたいヤツは行けばいいし、行きたくないヤツは行かなくていいんだよ。

 

 

あのさ、そもそも「不登校」ってネーミングが良くないんだわ。

あるときから「登校拒否」を「不登校」って呼び出したじゃん?

 

 

「学校に行かない」を「学校に行けない」に変えやがったわけよ。

んでさ、そういう子供を「不適応」と呼び、「適応教室」なる場所で適応できるように「調教」を始め出したわけよ。

 

 

 

お前ら、子どもの声、聞いてるか?

彼ら彼女らは「学校に行けない」なんて言ってね〜〜ぞ。

「学校に行きたくない」って言ってんだぞ。

 

 

「どうして行けないの?」

「どうして行けないの?」

って、大人たちがうるせ〜から「学校に行けない」って言ってあげてるだけだよ。

 

 

最初から言ってるじゃん。

「学校に行きたくない」って。

 

 

行きたくね〜〜んだって。

 

 

 

子どもが学校に行きたくないと言ってんのな。

先生がすべきことは、電話したり手紙書いたり家庭訪問したりして、登校刺激を与えることじゃない。

 

 

 

行きたくね〜〜ような教室を、是が非でも行きたくなるような教室に変えろ。

それが仕事だろ。

問題は子どもに起きてんじゃなくて、お前に起きてんだ。

俺はそう思うね。

 

 

花嫁はどうしても行きたくなるようなエステを作れ!

それだけだ!

 

 

あとな、お父さんお母さん。

「どうして学校に行きたくないの?」ってのは愚問だ。

 

 

それ、「どうしてピーマンが嫌いなの?」と変わらない質問だから。

嫌いなもんは嫌いなんだよ。

 

 

でもさ、そろそろ気付こうよ。

学校で学ぶ知識なんて、グーグル検索で一発で出てくるでしょ?

学歴なんて、もう何の意味もなさない時代が来てるじゃん。

 

 

人口はこれからどんどん減少していく。

人工知能が僕らの仕事をどんどん奪っていく。

「学校教育」にどっぷりハマった層は、どんどん職に溢れ出す。

 

 

そ〜ゆ〜時代が来るよ〜〜。

そ〜ゆ〜時代が来るよ〜〜。

って散々言われてる。

 

 

それでも、何としてでも学校に行かせたいのはさ、なんでだろうな?

結局さ、子どもの中では問題は起きてないわけ。

 

 

子どもから見たらさ、行きたくない学校に行かなければ、それで問題解決なわけ。

 

 

 

でもさ、大人にとっては、「学校に行かない」ってのは問題なのな。

父ちゃん母ちゃんは世間の目があり、ジジババの目があり。

先生は管理職の目があり、教育委員会の目があり。

結局、どこ見てんの?って言ったら、目の前の子どもじゃなくて、外ばっかり見てんのよ。

自分のために「子どもの心配」してんのな。

 

 

 

でさ、んじゃ大事なことは何よ?って話なわけ。

結局、花嫁がキレイになろうがなるまいが、そんなことはどうでも良くて、結婚して幸せに暮らしてりゃそれでいいんだろ?

問題はエステじゃね〜〜べ?

 

 

子どもだって同じだろ?

学校に行くか、行かないか、なんて問題じゃなくてさ。

「この子が幸せか?」だけじゃん?

 

 

だからささ。

「学校に行かないこと」を問題にしてんのは、それを問題だと思ってる人間なんだよ。

子どもはさ、「学校に行かないこと」が問題なんじゃなくて、「行きたくない」って言ってんのに、「学校に行かせよう」とする大人の存在が問題なわけじゃん。

わかります?

 

 

つまり、大人が問題なの。

 

 

って、ことで好き放題書いてやったわ。

とりあえず大人がうるせ〜〜って話な。

 

 

以上、おやすみ。

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。