素晴らしい旦那様になる魔法の質問


妻が何か話しかけてくる。

そんなとき、内容なんてどうでもいいのだ。

ニコニコとその話に耳を傾ける。

 

 

「なるほどなぁ」

「そっかー」

「ふんふん、それで?」

「へ〜っ、面白い」

とにかく、相槌を打ち続けるのだ。

 

 

そして、「いいね〜」だ。

とりあえず「いいね〜〜」だ。

 

 

いいかい?

「いいね」と思わないことも「いいね」だ。

これ、ポイントだ。

 

 

「どう思う?」なんて聞かれたときも、「いいね」だ。

馬鹿正直に「どう思うか」を言ってはいけない。

「いいね、うん、いいと思うよ」が正解だ。

 

 

じゃあ、絶対「いいね!」って思えない事態に出会ったらどうするのか。

 

 

「ねえ、消費者金融でお金を借りてきて、パ〜〜っと使っちゃおうと思うんだよね」

 

 

こんなとき、どうすればいいのか。

怒っちゃダメ!怒っちゃダメ!

 

 

「いいね〜〜」である。

そして…、

「そのためには返済計画を作らないとね」

と伝えるのだ。

 

 

「ねえ、消費者金融でお金を借りてきて、パ〜〜っと使っちゃおうと思うんだよね」

「いいね〜。そのためには返済計画を作らないとね」

「えっ?返済計画?」

「借りたら、返すと思うんだけど、どう思う?」

「えっ…、うん、そんな借り方ダメだね…」

 

 

あと、いいかい?

男子よ、「でも」は禁止な!

否定しない。

「いいね〜〜!でも、お金返せないじゃん」はダメね。

正論は禁止。

女子に正論は禁止なの。

 

 

とにかく女子は共感されたいの。

わかってもらいたいの。

 

 

男の正論は女子を傷つけるの♡

だから、とにかく「いいね」「そうだね」なんだな。

勝負はそのあとさ。

結論を急ぎなさんな。

 

 

あとね、女子の「どうしよう?」は要注意ね。

「あの高級ブランドバックが欲しいんだけど、どうしよう?」

 

女って怖いよね。

あれはさ、「買ってあげようか」を引き出す常套句なわけ。

「どうしよう?」はさ、相手の譲歩を引き出すわけよ。

 

 

いい?

ここでアドバイスなんかしちゃダメよ。

ここでアドバイスをするとね、「でも」とか「だって」って言い出すから。

 

「でも、できないもん♡」

「だって、嫌なんだもん♡」

 

 

だからね、アタシ、こう尋ねるのよ。

「どうしよう?」って聞かれたらね、「どうしたいの?」って尋ね返すの。

 

 

「あの高級ブランドバックが欲しいんだけど、どうしよう?」

「いいね〜。それで、どうしたいの?」

「えっ…」

「どうしたいの?」

「欲しい…かな」

「いいね〜。手に入れるためにできることは何だろう?」

「えっ…」

「何ができそう?」

「か…買う?」

「いいね〜〜。買うためにできることは何?」

「は…働いてお金を手にいれて…」

「いいね〜〜。じゃあ、どんな仕事をしてみたい?」

 

 

そう。

女性と付き合うとき、アドバイスはいらない。

欲しいのは「共感」だからさ♡

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。