世界最小コミュニティーをハッピーにする。


子どもの話をするとき、

「やれ学校はどうだ」

「やれ教育がどうだ」と、

やたらうるさい。

 

 

僕は学校現場で16年間、

思春期の子どもたちとずっと接してきた。

その数、3000人以上だ。

 

 

そして、そのほとんどを「生徒指導」として過ごしてきた。

そりゃもうね、いろんな問題にぶち当たったよ。

 

 

不良少年、不良少女との交流。

不登校の子どもたち。

外国籍の子どもたち。 

児童虐待の問題。

発達に凸凹のある子どもたち。

 

 

もうね、山のように出会ってきたの。

教育について、

子育てについて、

訳知り顔で書いてるブログを目にするたびに、

「で、お前、何人の子どもと出会ってきたの?」

って思っちゃう性格の悪い僕がいるわけです。

 

 

で、そんな僕の結論は、

ほっといたって大人になる!

ってことなのね。

 

 

僕がお願いすることはただ一つ。

「余分なことはしないでください」

なのだ。 

 

 

必要としていることを、

必要としている分だけ届ければいいから。

 

 

親が「あ〜だ、こ〜だ」言って、

先回りして成長の機会を奪いなさんなよ、と。

失敗させてあげなよ、と。

 

 

子どもの心配してる暇があったら、

自分の人生の心配をしろよ、と。

 

 

まあ、そう思うわけであります。

 

 

家庭ってね、

子どもの生活のプラットフォームなのです。

言っておきますが、

学校なんぞ、

せいぜい年間200日です。

7時に家を出て19時に帰ってきたとしても、

1日の半分です。

 

 

つまり学校にいる時間なんて、

30%ぐらいなんです。

 

 

地球に例えると、

陸地の面積が「学校」で

海の面積が「家庭」です。

 

 

ほとんど家庭なんです。

 

 

学校の影響が大きいと言い、

なんでもかんでも「学校の先生」のせいにしようとしますがね。

 

 

そんなもん、

家庭の影響の方が大きいに決まってるじゃん!

 

 

アホじゃね?

 

 

小学校に上がる前なんて、

ほぼほぼ家庭の影響で、

子どもは創られています。

 

 

小学校に入っても、

その影響の方が大きいです。

だって、家庭の割合が大きいんだもん。

 

 

で、中学生になる。

そりゃ、家庭環境が重要です。

 

 

しかも、お前の子のほとんどは、

お前のD.N.A.でできてんだよ。

 

 

「なんでウチの子、こうなんですか?」って?

そりゃ、あなたとパートナーのD.N.A.「半分こ」してんだから、そんなもんじゃね〜か?って思う次第です。

 

 

中学生なんて、顕著でしたよ。

朝、登校してくる。

なんか元気がない。

 

 

「どうしたよ?」と尋ねる。

 

 

 

まあ、出てくる答えなんてさ、

「夫婦仲が悪い」か「理不尽に親に叱られた」か、まあ、家庭の影響がそのまま出る!

 

 

家庭なんだよ、家庭。

まず、家庭なの。

 

 

で、そこが整ってて、エネルギー満タンで学校に来て、初めて「教育」なわけ。

家庭でエネルギー使い尽くしちゃってる子どもの多いこと。

親子の関係に疲弊する…。

そりゃ、大変だよ。

 

 

まあ、僕のリアルな経験としてお話をさせていただきますとですね、「家庭を整える」が一番大切なことなのです。

 

 

つながりが人を強くすると何度も書いています。

では、一番のつながりは何か。

そりゃ、家族です。

大事なのは家庭ですよ。

 

 

子どもが暮らす「世界最小のコミュニティー」ですから。

僕はこの「家庭」をハッピーな場所にするために新たな企画を立ち上げます。

楽しみにしていてください。

 

▷▷▷個人セッションの詳細はこちらをクリック

 

くればやし ひろあき

公立中の先生を16年間勤めて独立。おもに生徒指導に携わってきた思春期の子どもの専門家。その経験を生かし、受講者600人超のワークショップ『子どもとつながるリレーションシップ講座』を全国で開催。

9月1日は統計上子どもの自殺が最も多い日であるということを知り、2016年クラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年、刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。

2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースした。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学校『passion life college』を妻とともに主宰。現在は3期目、カレッジ生は30名いる。

3児の父でもある。