母親ブランディング〜子どもは私を飾る一部〜

買い物をする母と子

子どもを学習塾に入れるなら、

個別対応の個人塾がいいでしょうか。

大手学習塾の方がいいでしょうか。

 

 

そんなことで揉めている夫婦がいました。

正直、どっちでもいいです。

 

 

っていうか、

子どもは学習塾に行きたいんですか?

そこ、ムッチャ重要です。

 

 

昔、お子さんを東京大学に入学させたお母さんがいました。

入学させた…。

違いますね。

入学したのは、ひとえに本人の力だと思います。

 

 

そんなお母さんが本を出版することになりました。

そこで僕は尋ねたんですね。

 

 

「その本を読んだ人が、どうなったら最高ですか?」

 

すると、答えはシンプルでした。

 

「読者が私のことを『すごい人だ』と思ってくれたら最高です」

 

 

僕は、絶対読みたくない本だな…と思いました。

「私は息子を東大に行かせたお母さんなの。

すごいでしょ?」

 

…ってことが書いてあるんです。

僕は思いました。

 

(この人、満たさてていないんだろうなぁ…)

 

 

▽メルマガのご登録はこちら▽

 

思うに、そういうお母さんは多いです。

自分のことを認められない。

自分の人生に充足していない。

 

 

その思いを、子どもの人生に背負わせてしまう。

優秀な子どもに育てたい。

だって、優秀な子どものお母さんは優秀なお母さんだから。

高学歴の子どもを育てたい。

だって、高学歴な子どものお母さんは、ちゃんと子育てをしたお母さんだから。

 

 

私はこの子。

この子は私。

この子の価値は私の価値。

 

 

でも、忘れないでください。

子どもはあなたの一部ではありません。

まして、あなたのブランディングのための装飾品ではないのです。

 

 

優秀じゃなきゃダメですか?

高学歴じゃなきゃ価値がないですか?

 

 

そうじゃないでしょう?

この子はこの子。

そのままこの子。

 

 

キラキラ輝いていたら、それでいいじゃない?

そう思えるのは、僕が僕の人生に満足しているからです。

 

 

子どもが優秀だろうが、優秀じゃなかろうが、そんなことは僕の人生に1㎜も影響を与えません。

そう思えるから、信じて手放せる。

 

 

きっとこの子は大丈夫。

だって、俺も大丈夫だったんだもん。

 

 

だから、まず自分を満たそう。

あなたがあなたの人生に花マルをつけられたとき、初めて子どもの人生にも花マルがつけられるようになるからさ。

 

 

子育てに迷ったときに出会いたい100の言葉

 子どもは子ども、あなたはあなた。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。