子どもの話を鵜呑みにする前に。

STR 魔法の質問 

ある事件について、

容疑者が逮捕されました。

容疑者には弁護士が味方につきました。

 

 

その事件の裁判。

裁判官は事件の概要を知ると、

弁護士の話だけを聞きました。

 

 

容疑者側に立った弁護士の話だけを聞いたのです。

弁護士は無罪を主張しました。

 

 

そして、裁判官は判決を下しました。

当然、判決は「無罪」でした。

 

 

 

裁判官から話を聞いてもらえなかった検察官は怒ります。

そして、上告しました。

 

 

上告した裁判。

裁判官は事件の概要を知ると、

今度は検察官の話だけを聞きました。

 

 

容疑者が犯人である理由を

検察官はいくつも並べました。

 

 

当然、検察官は有罪を主張しました。

 

 

そして、裁判官は判決を下しました。

当然、判決は「有罪」でした。

 

 

「そんなの当たり前じゃないか!」

と思うでしょう?

 

 

でも、

案外僕らを取り巻く世界では、

一方の話だけを聞いて判断していることが

ほとんどなのです。

 

 

 

裁判官は事件の概要を知っていました。

 

 

それでも、

片一方の主張だけを耳にする

意見は偏るのです。

 

 

当たり前のことですが、

忘れないでください。

 

 

だから、

両者から話を聞くことが大切です。

 

 

芸能人の不倫のニュースから、

事件事故、

子ども同士のトラブルまで。

 

 

とにかくありとあらゆる事象について、

僕らは一方向から見ていることがほとんどです。

 

 

 

まして、子どもの話ならばなおのこと。

 

 

親は我が子の話だけを聞いて、

それを全体だと捉えてしまわないでください。

 

 

子どもが嘘をつくと言いたい訳ではありません。

どちらの子も真実を述べている。

 

 

けれど、この真実は

主張する人間のフィルターを

通して見た「真実」であることを

忘れてはいけないのです。

 

 

だからこそ、

両者の話を聞かねばなりません。

 

 

多くの場合、

一方の主張にしか耳を傾けていないことが

多くあります。

 

 

話を聞く前から、

「どちらかが正しくて、

 どちらかが正しくない」

とジャッジしていることさえあります。

 

 

だからこそ、

いつだってフラットでありたい。

 

 

 

ただ、親という立場で、

フラットに両者の話を聞くことは

難しい。

 

 

だって、人間だもの。

だから、そんなときはフラットに

話を聞ける存在を頼りたい。

 

 

そして、

頼ってもらえる先生でありたい。

そんなことを考えます。

 

 

一方の情報だけではわからない。

そんなことは山ほどあると思うのです。

 

 

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。