「伝わらない」を前提にしたコミュニケーション


「わかってもらえるはず」

「伝わるはず」

 

これを前提に人と人が付き合うと、

コミュニケーションの事故が起こる。

 

 

「なんでわからないの?」

「なんで伝わらないの?」

 

 

そう感じるのは、

「わかってもらえるはず」

「伝わるはず」

という前提で、コミュニケーションを試みるからだ。

 

 

この前提を覆してみよう。

 

「おそらくわかってもらえないだろう」

「きっと伝わらないはずだ」

 

 

そんな前提でコミュニケーションを取ってみよう。

おそらく僕らは、持ちうるボキャブラリーをすべて駆使して説明を試みるだろう。

相手の反応を見て、伝え方を工夫もするだろう。

 

 

そうして、ようやく伝わったときの喜び。

これは格別である。

 

 

上海で暮らしていたころ、職場の忘年会でいわゆる「格付け」をやろうという話になった。

芸能人が本物と偽物を見分けることができるかを競うバラエティー番組だ。

 

 

そのパロディーをすることになったので、僕は中国料理屋に向かったのだ。

鶏肉と蛙肉は食感が似ている。

そこで、鶏肉と蛙肉で同じ料理を作ってもらおうと思ったのだ。

しかも、できれば鶏肉と蛙肉の見分けがつかない味付けにしてもらいたい。

 

 

さて、中国料理屋についた僕らは女性店員に片言の中国語で話しかけた。

これがもうさっぱり伝わらない。

 

 

男ふたり、友人は鳥のように羽ばたき、その横で僕は蛙のモノマネをした。

そして、ジェスチャーと拙い中国語で、「これ(鳥)とこれ(蛙)、同じ料理、オK?」と尋ね続けた。

しかも、それをお持ち帰りしたいのだ。

 

 

困り顔の店員と互いの思いを伝え合うこと10分。

僕らは見事、「鶏肉と蛙肉の料理」を手にすることができたのだ。

 

 

このときの喜びったらない。

 

 

「おそらくわかってもらえないだろう」

「きっと伝わらないはずだ」

 

 

その前提に立つから、僕らは工夫をして伝えるし、聞く耳を持つ。

そして、伝わったときの喜びもひとしおである。

 

 

夫婦の会話。

子どもとの会話。

先生との会話。

上司と部下との会話。

 

 

会話はすべからく同じである。

僕らはみんな異なる口を持ち、異なる耳を持つ。

 

 

だから、「伝わらないこと」の方が多いのだ。

ただ、理解しようとして一生懸命耳を傾けるわけだ。 

 

 

「おそらくわかってもらえないだろう」

「きっと伝わらないはずだ」

を前提に伝えてみてはいかがだろうか。

 

 

ちなみに、忘年会の会場に到着して驚いた。

どちらが「鶏肉」で、どちらが「蛙肉」かの表記がないのだ。

さすがに、そこまで伝わらなかったようだ。

 

 

だが、怒りは湧いてこない。

「伝わらない」を前提に話しているのだ。

「仕方がないよね…」と思うしかない。

 

 

なお、中国に住むこと3年。

鶏肉と蛙肉は、みんな一瞬で見分けてしまった。

味と食感は伝わり過ぎなのだな。

 

くればやし ひろあき

人間関係研究家 社会起業家

公立中学校の先生を16年間勤めて独立。その経験を生かしたリレーションシップ講座を全国で開催。関係性を整えることで子どもの能力を最大限に引き出す方法を伝えている。
北は北海道から南は沖縄まで、精力的に講演活動を行うほか、STR(素質適応理論)を用いた個人セッションが人気で現在2ヶ月待ちである。

また、「幸せなお母さんが増えることが幸せな子どもたちにつながる」と考え、お母さんのための学び場『precious life college』を妻とともに主宰。現在は4期目。

子どもの自殺を問題視し、2016年にはクラウドファンディングを成功させ県内8会場映画上映ツアーを敢行。2017年より刈谷市の自殺対策計画策定委員を務める。2017年には児童虐待に着目し、「子育て万博2018inあいち」を主催、「子どもとつながるしつもんカレンダー」をリリースするなど、社会起業家としても活躍している。

3児の父でもある。