「仕事を辞めたい!」と思ったあなたへ♬

STR入門講座

「仕事をやめるの、怖くなかったですか?」

 

これ、よく聞かれる質問です。

お答えしましょう。

 

 

「怖いですよ!怖いに決まってるじゃないですか?」

 

 

あの…、我が家は妻と3人の子どもの5人家族です。

4人を養っていた僕が、突然無職になるのです。

 

 

しかも、「仕事を辞めたい」と言う僕に、妻は言いました。

 

「お父ちゃんなら大丈夫よ。私も働かなけどなんとかなる!」

 

 

驚異の「働かない宣言」(笑)

いや、そこは2人でがんばろーや。

働かんのかい!!

 

 

そんなわけで、彼女はお金を使うことの専門家です。

さあ、こういう状況で、次の仕事の当てが特にあったわけでもない僕。

「仕事を辞める」ってのは、そう簡単ではありません。

 

 

ですから、校長先生に「仕事を辞めます」とはなかなか切り出せませんでした。

 

 

(本当にいいのだろうか?) 

 

 

「辞める」と口に出せば、もう後戻りはできません。

「最後に中学3年生を卒業させて退職しよう」とは決めていたものの、いざとなれば踏ん切りがつかないものです。

 

 

そんな折です。

僕の元には、校外の仕事が次から次へとやってきました。

僕はただでさえ多忙を極めていました。

 

 

僕は最後の一年、恐ろしい校務分掌量を与えられていました。

学年主任で、進路指導主事で、学級担任。

図書主任、国語主任、研究部長。

なぜか、学校の方針で学年会計まで学年主任の仕事。

学級通信と学年だよりを書き、修学旅行の企画も僕が担当しました。

ちなみに、授業は2学年♡

 

 

ええ、仕事量が致死量です。

その状況で、あっちの研究会からもこっちの研究会からも仕事がやってきます。

これらは校外のお仕事であり、ただのサービス業務です。

 

 

出張だってダブルヘッダーが当たり前。

これだけ分掌があったら、当然出張も被るのです。

そこに校外の仕事が加わったらどうでしょう。

 

 

おそらく確実に過労死できます。

 

 

あるとき、僕は校長先生に言いました。

「この仕事量は職場としておかしい」 

「管理職としてこの分掌の割り振りはおかしいと思わないか?」

 

 

なぜならば、最後の職場は「新卒しか来ない」という特殊な職場だったのです。

まったく人材を引っ張ってこれない管理職でした。

 

 

3学年とも僕と同期の先生でしたが、あとは新卒。

多忙すぎて、育てる余裕すらないのです。

 

 

しかし、校長の答えはシンプルでした。

 

「他にやれる人がいないから」

 

 

(もしかしてバカなのか?)

と思いました。

 

 

それを育てるのがあなた方の仕事であり、人材を確保しマネージメントするのが「管理職」の役割でしょう。

人材を引っ張ってこれなかった挙句、人がいないのだから仕方がないと、一部の人間に仕事を偏らせる。

 

 

こんなマネージメント能力のない奴が管理職なのかと思うと、腹の中が煮え繰り返る思いでした。

 

 

だから、思いがけずこんな言葉が口に出たのです。

 

「僕はもう、今年で仕事を辞めます。この学校での仕事は最後まで責任を持ちます。でも、校外の仕事は校長としてすべて断ってください。それがあなたの仕事です」と。

 

 

上海から帰国し2年間、公立中学校で教員をして退職しました。

もし赴任した先が違っていたら、僕はまだ教員だったかもしれません。

 

 

だから、赴任した学校が悪かった、とはこれっぽっちも思いません。

人生は流れの中にあります。

 

 

これは「退職しなさいよ」という神様からのギフトなのです。

「あなたは先生で終わってはいけない」というメッセージだったのでしょう。

 

 

 

導かれての「今」があります。

すべては「必然」と呼んでもいい。

 

 

僕は人生の流れに逆らいませんでした。

「辞める」という流れが来ていたのです。

 

 

あのまま続けていたら、僕はパンクしていたでしょう。

「職務的に」ではなく、「精神的に」という意味でパンクしていたでしょう。

 

 

それは神様が僕にくれた「流れ」だと思います。

僕はそれに逆らわず、「辞める」という選択肢を選びました。

 

 

命はちゃんと運ばれていきます。

流れに逆らわず、宿命の波に乗りながら、命を運ぶ。

これが運命です。

 

 

運命は自分で選択したことの結果です。

今、あなたにはどんな風が吹いているでしょうか?

 

 

「仕事を辞めたい」と思ったときは、人生の流れを感じてみてください。

今がそのときなのか。

それとも「待ち」のときなのか。

 

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。