学級担任はパーフェクトな先生ではダメ!

担任の先生の指導

組織は回すものである。

あれもこれもパーフェクトにできる先生を求めがちだけど、パーフェクトな先生ほどつまらないものはない。

 

 

もしもあなたが、完璧な先生でないならば、それは子どもたちにとって喜ばしいことである。

 

 

 

あなたがもしもパーフェクトでないならば、まずすべきことは自分を知ることだ。

自分にはどんな力があって、どんな力が足りないのかを知る。

これが大事だ。

 

 

そして、ここで、多くの教師は間違える。

自分の力不足を知ったうえで、その力不足を努力で補おうとする。

そういうところが、頭が悪いのである。

 

 

あなたの力不足なところ。

そう、欠点。

 

 

それは欠かせぬ点である。

子どもたちが成長するために存在する欠かせぬ点である。

 

 

 

足らぬなら助けてもらえば良いではないか。

あなたの不得意なことを、得意な生徒は必ずいる。

その子たちに助けてもらえばいいのだ。

 

 

僕は、予定をよく伝え忘れていた。

子どもたちもそのことを理解していた。

 

 

まあ、僕の場合、抜けが多いというよりは、忙しすぎて職員室に戻らないことが多かったため起こる情報の「抜け」だったのだけど。

 

 

そんなわけで、各教科係や学級委員は他のクラスの提出物をチェックし、我がクラスに伝えてくれたのだ。

 

 

「先生、2組ではこんな連絡がありました」

「先生、5組はこうです」

 

 

我がクラスには、全クラスの情報が集まってきていたのだ。

僕が「できない先生」だからこそ、子どもたちが成長していった。

 

 

だが、あるとき、ちょっとしたトラブルが起こった。

授業が延長されたため、子どもたちが他クラスの偵察に行けなかったのだ。

 

 

そこで、子どもたちが書いた「明日の予定」はかなり間違った情報となっていた。

僕はこそっと自分のノートを取り出し、係の子どもに耳打ちしたのだ。

 

 

そう。

僕はノートにいつも連絡事項を書いていた。

実は、いつもテキトーなフリをしていたのだ。

 

 

「先生、もうちょっとちゃんとしてください」

 

 

よく言われていた(笑)

 

 

 

こちとらプロ教師である。

当日と翌日の予定ぐらいメモしてあるのが普通である。

 

 

そうやってバカなフリをして、子供を成長させるのだ。

「あの先生、俺たちがいなきゃダメだよね」

とか言われるぐらいがちょうど良い。

そのうえで、素晴らしいクラスを作れていればいいのだ。

 

 

賞賛なんかいらない。

この仕事は、どこまで行っても自己満足の世界である。

 

 

ところが、ある女子生徒がこうつぶやいた。

 

「先生がちゃんと調べていることぐらい知ってますから」

「私たちも先生に乗っかってるだけですから」

 

 

まったく子どもたちいうのは、大人のさらに上を行く存在である。

僕らはパーフェクトを目指してはいけない。

 

 

全員の力を総結集させたときにパーフェクトであれば、それでいいのである。

欠点があることこそが武器なのだ。

 

くればやし ひろあき

公立中学校で16年間3000人以上の子どもたちと出会ってきた思春期の子どもの専門家としてメルマガ配信。当初、学校の先生に向けて発信したが、先生たちには見向きもされず。なぜかお母さんたちの心を掴んでしまい、北は北海道から南は沖縄まで全国各地に呼ばれるようになる。個人セッションをスタートすると、お母さんたちで行列ができる。
気がつけば、幼保小のPTAや高校生、なぜかシルバー人材センターまで、いろんなところに呼ばれる講演家に。
「お母さんとお母さんをつなぐ」をコンセプトに『子育て万博』を主催。妻とともにお母さんコミュニティー『プレシャス』を主宰し、名古屋にてお母さんのための寺子屋『ラブリー』を開校。
また、STRインストラクターとして年間350名が入門講座を受講。その上位講座である門下生養成プログラムは全国16都道府県から参加し、3日で満員御礼となる。
365日、子育てからパートナーシップまで、人妻たちの悩みに寄り添う生活を続けている。
妻と3人の子どもの5人家族。1978年生まれ。出身地名古屋。